常盤貴子はなぜ『野火』を?その真意―『向日葵の丘 1983年・夏』初日舞台挨拶

向日葵の丘・1983年夏 初日舞台挨拶

映画『向日葵の丘 1983年・夏』の初日となった先日2015年8月22日に、東京・品川プリンスシネマにて、主演の常盤貴子をはじめとする出演キャスト陣と、太田隆文監督が登壇する舞台挨拶が行われた。

日本版『ニュー・シネマ・パラダイス』との呼び声高き感動作

向日葵の丘 1983年・夏

映画『向日葵の丘 1983年・夏』は、高校時代の友人の余命を知った主人公が、映画制作に情熱を燃やした80年代を回想しながら故郷へ戻るという、日本版『ニュー・シネマ・パラダイス』との呼び声もある作品。大林宣彦監督に師事した太田隆文監督が、脚本も兼ねた意欲作となっている。

突然の『野火』の宣伝に戸惑う登壇者…しかし理由が

向日葵の丘・1983年夏 初日舞台挨拶 常盤貴子

太田隆文監督が進行をつとめる中、主人公・多香子を演じた常盤貴子は、冒頭「いきなり進行台本と違う話をしてもいいですか?」と切り出し「この間、朝ドラの『まれ』の撮影も終わりまして、塚本晋也監督の『野火』という映画を観てきたんですけど、本当によくぞ今撮ってくださったという、戦争追体験を出来る素晴らしい映画だったんです。みなさん是非ごらんになってください」と話し、太田隆文監督が「宣伝?!」と驚きのツッコミを入れ、会場からも大きな笑いが巻き起こることに。

向日葵の丘・1983年夏 初日舞台挨拶 太田隆文監督

    ピックアップ

    関連記事

    新着記事

    言語を選択

    私と映画Vol.7 メニコン 田中英成社長
    金曜映画ナビ
    八雲ふみねの What a Fantastics!~映画にまつわるアレコレ~
    能條愛未の「乃木坂週刊映画」
    スペシャル 写真家『早田雄二』が撮影した銀幕の女神たち
    antenna

    人気記事ランキング

    シネマズ公式ライター

    • アスカ
    • 奥浜レイラ
    • 小峰克彦
    • 片平圭亮
    • じぇみじぇみ子
    • apopo

    シネマズ公式チャンネル

    教えて goo

    情報提供元:教えて goo