吉田羊、木村佳乃がW主演に!黒木瞳初監督作『嫌な女』吉田羊は映画初主演

女優・黒木瞳が映画監督に初挑戦する映画『嫌な女』に、吉田羊、木村佳乃がW主演としてキャスティングされたことが明らかとなった。

黒木瞳監督『嫌な女』に吉田羊、木村佳乃がW主演

嫌な女 黒木瞳監督 桂望実 映画

桂望実原作の同名ベストセラー小説を映画化する本作。女優として知られる黒木瞳監督が監督業に初挑戦することでも話題となっているが、これまでベールに包まれて主演キャストが発表され、W主演として吉田羊、木村佳乃の2人がキャスティングされたことが明らかとなった。

嫌な女 吉田羊 木村佳乃

人と打ち解けられず友達もいないまじめ一徹の弁護士・石田徹子役を吉田羊、派手好きで社交的な天才詐欺師・小谷夏子役を木村佳乃がそれぞれ演じる。吉田羊は本作が映画初主演となる。映画は来年2016年に全国公開予定。

以下、それぞれのコメント。

吉田羊/石田徹子役

共演すらまだない大先輩黒木瞳さんの初監督作品、しかも主演でというお話を頂いた時は自分の耳を疑いました。
かつてない大役の重責に武者震いする一方で、瞳監督のこの作品に掛ける並々ならぬ情熱に身体を底から突き上げられ、女優が女優を撮る面白さを是非見たいとも思いました。
脚本と登場人物が唸るほど魅力的で、これは何としても最高の作品にしたいという思いです。共演者・スタッフの皆様の胸を借りながら、丸裸で、瞳監督の情熱にぶつかっていきたいと思います。

木村佳乃/小谷夏子役

黒木瞳さんが映画の監督をされると聞いて、大変驚きました。内容を知らない内から、是非やらせていただきたいと心踊っていました。
台本を頂いた後、瞳さんにお会いして、監督のこの作品への強い想いを感じました。これから 大先輩の前で丸裸になるのかと思うと身が引き締まる思いと共に、未だかつてない緊張を感じております。とてもとても熱い夏になりそうです。

黒木瞳監督

吉田羊さんと木村佳乃さんは、自分の殻にとどまらず、何かをみつけたい、何かを試したい、何かを成し遂げたいというエネルギーに満ち溢れた女優だと思っています。
お二人からは、「なんか、面白そう」という感想とともにふたつ返事でご出演を快諾していただきました。この、なんか面白そう、という大胆なお気持ちが、私はすごいなと思いました。

今、撮影が始まり、お二人まったく違うキャラを演じていただいています。
徹子を演じる羊ちゃんからは、忍耐力と理性とふところの深さを感じます。
これは、徹子を演じる上でも不可欠ではありますが、役柄なのかご本人なのか、私でさえ見間違うほど、虚実皮膜の間を自由に行き来する才能に惚れ惚れしてしまいます。

夏子を演じる佳乃ちゃんからは、順応性と探究心、そして自由自在の瞬発力を感じます。
画面の中から飛び出してくるんじゃないかという演技力には、ドキッとしてしまいます。
ハンパない感受性に、私は、ついニタニタしてしまいます。
お二人は、同じ画面の中に存在していても、まったく違う色の光を発します。
そのふたつの光が交わったときは圧倒されます。
私の言葉に耳を傾け芝居に入る徹子と夏子、スクリーンの中で、この夏の太陽より輝いている吉田羊さんと木村佳乃さんの「嫌な女」を、ご期待ください。

関連リンク

黒木瞳が映画監督に初挑戦!桂望実のベストセラー小説『嫌な女』を映画化
DAIGO、吉田羊、杉咲花が昆虫たちを演じる。映画『アリのままでいたい』
佐藤浩市:話し合いもなく自然にできた|映画『愛を積むひと』完成報告会見
岩田剛典&高畑充希が初主演!有川浩の人気恋愛小説『植物図鑑』映画化決定

    ピックアップ

    関連記事

    新着記事

    言語を選択

    私と映画Vol.7 メニコン 田中英成社長
    金曜映画ナビ
    八雲ふみねの What a Fantastics!~映画にまつわるアレコレ~
    能條愛未の「乃木坂週刊映画」
    スペシャル 写真家『早田雄二』が撮影した銀幕の女神たち
    antenna

    人気記事ランキング

    シネマズ公式ライター

    • 川口裕樹
    • kamito努
    • とみだ嬢
    • オオツカヒサオ
    • 藤井隆史
    • 斉藤守彦

    シネマズ公式チャンネル

    教えて goo

    情報提供元:教えて goo