黒木瞳監督「女もある意味ホラー」映画『嫌な女』初の記者会見で語る

嫌な女 日本外国特派員協会 黒木瞳監督3

映画『嫌な女』の黒木瞳監督が日本外国特派員協会(外国人記者クラブ)主催の試写会に登壇し、本作初となる記者会見を実施した。

黒木瞳監督が初会見!映画『嫌な女』

嫌な女 黒木瞳監督

映画『嫌な女』は、堅物弁護士と天才詐欺師という境遇も立場も違う対象的な2人の女性の生き様を描いた、桂望実原作の同名ベストセラー小説を映画化する作品。人と打ち解けられず友達もいないまじめ一徹の弁護士・石田徹子役を、本作が映画初主演となる吉田羊が、派手好きで社交的な天才詐欺師・小谷夏子役を、木村佳乃がそれぞれ演じる。

昨日2016年5月23日に開催された日本外国特派員協会主催の試写会に、本作で初めてメガホンをとる黒木瞳監督が登壇し、記者会見をおこなった。

嫌な女 日本外国特派員協会 黒木瞳監督2

会見が始まり、なぜ映画監督をしようと思ったのですか?という質問に対し「最初は演じるために原作権をとりにいきました。その中で、脚本家の方とお話をしているうちに、この世界観を一番分かっているのは自分だと思い、映画の監督してみようと思いました」と作品への思いを語った。

監督という裏方に回ったことで、後悔はありましたか?という記者の質問には「後悔は全くありませんでした。演じられないことへの不安もありませんでした」と答えつつ「むしろ自分がやったことがないことを、この年齢で新しく挑戦できることにとてもわくわくしました」と語る。

また、監督と女優の違いについては「女優として役で作品に入るときは、その女性がどういった女性なのかを考え、違う女性になるのですが、監督だと“私”が全部出てしまう。つまり、女優として演じるときは作品の中で別の女性になるけれど、監督をして思ったのは全部私になる、ということでした」とコメント。

監督として時間や予算の制約がある中で、どうしても妥協できない、ここをどうしても撮りたいと思ったところはありますか?という質問に対しては「監督をします、と決断した時から物理的な時間や予算との闘いは考えておりました。しかし、徹子(吉田羊)と夏子(木村佳乃)の喧嘩シーンと徹子とみゆき(永島暎子)が太陽と向日葵の話をするシーンは粘らせていただきました。時間との闘いではあったのですが、それと同時に女優さんが長時間撮影することの体力面も考えなくてはいけないなとも思いました」と語った。

嫌な女 黒木瞳監督

また、実際に吉田羊と木村佳乃の2人の印象については「吉田さんはとても素直で柔軟性のある方だと思いました。徹子がストレスのかかる役なので、負荷を与えてしまったこともありましたが、いつでも柔軟に対応してくださいました。彼女と話し合っていくうちに、徹子の役をより高いハードルをあげて撮影することができました。木村さんは夏子というムードメーカーの役どころなので、本当にテンションを上げて演じなくてはならないのに、どんなに疲れていても切り替えてポンっとテンションを上げてくださるのは本当に素晴らしいと感じました。彼女自身の明るさを出してくださって、ありがたかったです」と、主演2人への感謝の気持ちを語った。

また、この作品には女性がどうあるべきかなどメッセージが多く描かれていますが、自身の思いも脚本に入っているのでしょうか?という質問に対し「たくさん思いは込めました。脚本家の方とも、原作を読んだ後に感じた前向きになれる気持ちや、観た人が絆や、いのちの大切さを感じられるような作品に描けるようにと話しました」と作品への思いを語ると共に「向日葵は太陽をみて頑張っている、というセリフで女性に“頑張れ”というエールを表していたり、ラストのみゆきの手紙では「でんでんむしのかなしみ」から“悲しいのはひとりじゃない”ということを伝えるために引用したりしました」と裏話も披露した。

嫌な女 日本外国特派員協会 黒木瞳監督4

また、次は監督としてどういった作品を撮りたいですか?または女優として戻りたいですか?という質問に対し「女優としてすでに撮影しています。この映画で8か月ほど撮影をしていなかったのですが、女優として現場に戻ったとき『監督』と呼ばれて振り向いてしまった自分が怖かったです(笑)次も女優の仕事をしますが、監督をやらせていただいて、コツコツと地味な作業も好きなんだなぁと自分を再発見しました」とコメント。

また『仄暗い水の底から』に出演されていらっしゃるので、自身でもホラー作品を撮りたいと思いますか?という質問に対し「女もある意味ホラーですから…『嫌な女』もどこかホラーかも知れませんよ(笑)」と語り、会場を沸かせた。

最後に、黒木瞳監督自身が、この映画の中で伝えたいメッセージとは?という質問に対し「メッセージはいろいろな所に散りばめています。冒頭はルーマニアのアーティスト・INNAの『In Your Eyes』を使っているのですが、この曲は『Party Never Ends』というアルバムに入っていて、“女たちのパーティーは終わらない!”私なりの『女性へのエール』という意味を込めてこの曲を使いたいと熱望しました。また、主題歌の竹内まりやさんの『いのちの歌』は、いのちの大切さや絆、見えないところに大切なものはあるよ、という素敵な歌詞です。そういう点からも作品へのメッセージを感じてもらいたく思います」と、作品への思いとともに自身の熱い思いを伝え、会見は終了となった。

嫌な女 日本外国特派員協会 黒木瞳監督1

映画『嫌な女』は、2016年6月25日(土)より全国ロードショー。

(C)2016「嫌な女」製作委員会

関連リンク

映像初解禁!吉田羊&木村佳乃W主演、黒木瞳初監督作『嫌な女』予告映像
吉田羊&木村佳乃の本編カットが初解禁!映画『嫌な女』黒木瞳監督作
佐々木希がウェディング姿に―黒木瞳監督『嫌な女』ポスター&キャスト情報解禁
黒木瞳監督:この歌こそが“すべて”―映画『嫌な女』主題歌に竹内まりや

    ピックアップ

    関連記事

    新着記事

    言語を選択

    私と映画Vol.7 メニコン 田中英成社長
    金曜映画ナビ
    八雲ふみねの What a Fantastics!~映画にまつわるアレコレ~
    能條愛未の「乃木坂週刊映画」
    スペシャル 写真家『早田雄二』が撮影した銀幕の女神たち
    antenna

    人気記事ランキング

    シネマズ公式ライター

    • ヒナタカ
    • つちや ゆみえ
    • とみだ嬢
    • 廣田喜昭
    • 藤井隆史
    • しましま

    シネマズ公式チャンネル

    教えて goo

    情報提供元:教えて goo