忽那汐里の出演も!カンヌ監督賞『黒衣の刺客』日本オリジナル版で劇場公開

第68回カンヌ国際映画祭で監督賞に輝いたホウ・シャオシェン監督の最新作『黒衣の刺客(こくいのしきゃく)』に女優・忽那汐里が参加していたことが明らかになった。

日本オリジナル・ディレクターズカットで公開『黒衣の刺客』

黒衣の刺客

映画『黒衣の刺客』は唐代の中国を舞台に、数奇な運命に翻弄される女刺客・インニャン(スー・チー)を描いた、美しく静かな武侠映画。かつてはインニャンの許婚で暗殺の標的となる暴君を『レッド・クリフ』『百年恋歌』のチャン・チェン、窮地に追い込まれたインニャンを助ける日本人青年を妻夫木聡が演じている。

黒衣の刺客

黒衣の刺客

忽那汐里は、妻夫木聡演じる日本人青年の妻役として出演、美しい雅楽の舞などを披露している。台湾・中国・香港で公開されるインターナショナルバージョンでは、忽那汐里が出演するシーンは割愛されているが、ホウ・シャオシェン監督のたっての希望で日本公開版では戻されることとなった。

黒衣の刺客 忽那汐里

忽那汐里の個性的な性格に惹かれたというホウ・シャオシェン監督は「妻夫木聡さん演じる日本人青年の背景にある複雑さを出すために(忽那汐里さんが出演する)回想シーンを戻しました。青年の過去を主人公・インニャンは知りません。青年の背景を描くことによって、インニャンの孤独がさらに深まるだろうと考えたからです」と日本公開版で忽那汐里のシーンを戻した理由を明かした。

2010年に奈良で本作の撮影に参加した忽那汐里は「ホウ・シャオシェン監督の現場は、台本がない中行われ、日々思いがけない変更が出たりと、本当に刺激的な毎日でした。監督を信頼し、コミュニケーションを綿密に取りながら撮影は進んで行きました。雅楽師の先生のご指導のもと、普段では中々経験のすることのできない雅楽の舞にも、今回は挑戦させてもらい、とてもいい経験になりました。ようやく皆さんに、この作品を観ていただくことができて、とても嬉しく思っています」とコメントしている。

映画『黒衣の刺客』は2015年9月12日より、日本オリジナル・ディレクターズカットにて全国公開。

(C)2015光點影業股份有限公司 銀都機構有限公司 中影國際股份有限公司

関連リンク

カンヌ国際映画祭・監督賞受賞作『黒衣の刺客』公開日決定&ポスター解禁
オダギリジョーがオカッパでパーティを―『FOUJITA』新場面写真公開
是枝監督が溝口作品への思いを語る。カンヌ・クラシック部門『残菊物語』
子どもたちにも伝えていくべき…|水谷八重子・市川春猿『残菊物語』の思いを語る
妻夫木聡らの劇中カット初公開!山田洋次監督『家族はつらいよ』公開日決定

    ピックアップ

    関連記事

    新着記事

    言語を選択

    私と映画Vol.7 メニコン 田中英成社長
    金曜映画ナビ
    八雲ふみねの What a Fantastics!~映画にまつわるアレコレ~
    能條愛未の「乃木坂週刊映画」
    スペシャル 写真家『早田雄二』が撮影した銀幕の女神たち
    antenna

    人気記事ランキング

    シネマズ公式ライター

    • 小峰克彦
    • 立岡未来
    • 川口裕樹
    • kaiya
    • はな

    シネマズ公式チャンネル

    教えて goo

    情報提供元:教えて goo