歴史認識を変えたアウシュヴィッツ裁判『顔のないヒトラーたち』

ドイツ人が犯した罪をドイツ人自らが裁き、歴史認識を変えたアウシュヴィッツ裁判までの苦闘を描いた映画『顔のないヒトラーたち』が、2015年10月3日(土)に公開されることが決定した。
B5_表

歴史を帰る裁判に立ち向かう、若き検事の苦闘

主人公の検事ヨハンを『ゲーテの恋』『イングロリアル・バスターズ』のアレクサンダー・フェーリングが演じる他、『ハンナ・アーレント』で若きハンナ・アーレントを演じたフリーデリーケ・ベヒトが出演。監督は、本作で初めてメガホンをとったドイツ在住のイタリア人で俳優でもあるジュリオ・リッチャレッリ。戦後70年を迎える2015年、ドイツの歴史認識を変えた大きな事件であるアウシュヴィッツ裁判までの苦闘を初めて正面から描いた。
kaononaihitora_sub (2)

STORY
1958年、フランクフルト。戦後十数年を経て、西ドイツは経済復興の波に乗り、殆どの人が戦争の記憶、自分たちが犯した罪を過去のものとして忘れ去ろうとしていた。
そんな時、一人のジャーナリストがアウシュヴィッツ強制収容所で親衛隊員だった男が、規則に反し、ある学校の教師をしていることを突き止める。駆け出しの検察官ヨハンは、上司の引き止めにも耳をかさず、この一件の調査を始める。
ジャーナリストのグニルカ、強制収容所を生き延びたユダヤ人のシモンとともに、アウシュヴィッツでの悪行に関わりながら、罪を問われることなく普通に市民生活を送っている元親衛隊員個々人の証拠を集め、主席検事バウアーの指揮の下、ナチスがアウシュヴィッツでどのような罪を犯したのか、その詳細を生存者の証言や実証を基に明らかにしていく。
そして、1963年12月20日、フランクフルト・アウシュヴィッツ裁判の初公判が開かれた...

ヒトラー
映画『顔のないヒトラーたち』は、2015年10月3日(土)公開!
公式サイト http://kaononai.com/

(C)2014 Claussen+Wöbke+Putz Filmproduktion GmbH

関連記事

ラストをどう読み解く? 映画『ぼくらの家路』は、心の土台を探るリトマス試験紙だった
『独裁者と小さな孫』場面写真解禁&監督トークショー決定!
チャップリンの遺体を盗む!『チャップリンの贈りもの』バチ当たりな場面写真解禁
映画好きの食指をそそる!? 先取り、秋シネマ

    ピックアップ

    関連記事

    新着記事

    言語を選択

    私と映画Vol.7 メニコン 田中英成社長
    金曜映画ナビ
    八雲ふみねの What a Fantastics!~映画にまつわるアレコレ~
    能條愛未の「乃木坂週刊映画」
    スペシャル 写真家『早田雄二』が撮影した銀幕の女神たち
    antenna

    人気記事ランキング

    シネマズ公式ライター

    • 村松健太郎
    • Yamazaki
    • 藤井隆史
    • 片平圭亮

    シネマズ公式チャンネル

    教えて goo

    情報提供元:教えて goo