火星に残された男の超絶サバイバル!マット・デイモン主演『オデッセイ』

リドリー・スコット監督とマット・デイモンが、初タッグを組むSF映画『オデッセイ』が2016年2月5日より公開となる。

“史上最大の奇跡”をたぐり寄せるSFアドベンチャー『オデッセイ』

オデッセイ マット・デイモン

火星での有人探査の最中、嵐に巻き込まれてしまったワトニー(マット・デイモン)は、死亡したと思われてしまい仲間たちに火星に1人残されてしまう……。酸素も少なく、食料は31日分しか残されていなく、水も通信手段もないという極限状態。しかしワトニーは、絶望的環境の中でも人間性を失わず4年後にやってくる次の探査船が火星にやってくるまで生き延びようと、あらゆる手段を尽くしていく――

オデッセイ マット・デイモン

映画『オデッセイ』は、火星での探査任務中に事故に巻き込まれ、1人置き去りにされた宇宙飛行士の孤独を描くサバイバル・ドラマだ。新人作家アンディ・ウィアーによるベストセラー小説「火星の人」を原作に、『エイリアン』『ブレードランナー』などの傑作SFを生み出してきたリドリー・スコット監督がメガホンをとり映画化する最新SFアドベンチャー作品だ。

アメリカ航空宇宙局(NASA)が全面協力し、脚本や撮影の監修、製作の技術顧問のほか、出演俳優の訓練までも請け負ったことでも話題となっている。劇中に登場する宇宙船「ヘルメス号」には、NASAが開発した原子力を用いた最新のイオン・プラズマエンジンが採用されており、このエンジンが映画で描かれることは史上初だという。

マット・デイモン✕リドリー・スコットの初タッグ!

オデッセイ マット・デイモン

『インターステラー』に続き宇宙を描いたSF作品への出演となるマット・デイモンが、リドリー・スコット監督と初タッグで主人公・ワトニーを演じる。そのほかには『ゼロ・ダーク・サーティ』のジェシカ・チャステイン、『LIFE!』のクリステン・ウィグ、『127時間』のケイト・マーラ、『アントマン』のマイケル・ペーニャらが脇を固める。

ゴールデングローブ賞主要3部門ノミネート!

全米チャート2週連続で1位を獲得し、公開4、5週目にも1位に返り咲いた本作。ナショナル・ボード・オブ・レビューで、監督賞、主演男優賞、脚色賞を獲得し、先日発表された第73回ゴールデングローブ賞でも、作品賞(ミュージカル/コメディ部門)、主演男優賞(ミュージカル/コメディ部門)、監督賞と主要3部門にノミネートされている話題作だ。

映画『オデッセイ』は2016年2月5日より、スカラ座他全国ロードショー。2月4日には一部劇場にて3D限定前夜特別上映が実施される。

(C)2015 Twentieth Century Fox Film

画像ギャラリー

関連リンク

人間とロボットの共存がやがて…近未来SFスリラー映画『オートマタ』
SF映画の金字塔最新作『スター・トレック ビヨンド』2016年夏に日本公開
巨大な絶望が襲い来る―モンスターズ続編、新たな特別予告動画が解禁
これから『スター・ウォーズ フォースの覚醒』を見に行く人のために!

    ピックアップ

    関連記事

    新着記事

    言語を選択

    私と映画Vol.7 メニコン 田中英成社長
    金曜映画ナビ
    八雲ふみねの What a Fantastics!~映画にまつわるアレコレ~
    能條愛未の「乃木坂週刊映画」
    スペシャル 写真家『早田雄二』が撮影した銀幕の女神たち
    antenna

    人気記事ランキング

    シネマズ公式ライター

    • 藤井隆史
    • 砂流恵介
    • 夏目幸明
    • 朝井麻由美
    • 東京散歩ぽ
    • つちや ゆみえ

    シネマズ公式チャンネル

    教えて goo

    情報提供元:教えて goo