江口:勇気をもって劇場を出ることができる―『天空の蜂』大ヒット舞台挨拶

天空の蜂 大ヒット舞台挨拶

公開1週間で早くも動員30万人を突破した、映画『天空の蜂』の大ヒット舞台挨拶が本日9月20日に東京・新宿ピカデリーで行われ、主演の江口洋介と堤幸彦監督が登壇、さらにスペシャルゲストして江口洋介演じる湯原の息子役を演じた田口翔大も登場した。

映画『天空の蜂』大ヒット舞台挨拶

冒頭、江口洋介は「シルバーウィークの中『天空の蜂』を選んでいただいて、ありがとうございます。皆さん、観終わってまだ気持ちの整理がつかないとは思いますが…」と本作の意外な結末について触れ「今日は監督といろいろなお話をしたいと思います。最後まで楽しんでください」と挨拶をした。

続いて本作のメガホンをとった堤幸彦監督は「並みいる強敵の中、本作を選んでいただいて、誠にありがとうございます。細かいところがあるかとは思いますが、パンフレットに詳しいことは書いてあるので、ぜひお手に取ってください(笑)とにかく、チーム一丸となって何年もかけて作った作品です。気に入っていただけたら嬉しいです」と挨拶。

公開を迎えての気持ちを聞かれて江口洋介は「こういった作品は、日本ではなかなか企画を通すのが難しいんですが、最高のチームのもと、多くの人の勇気のおかげでこのように形にすることができました。こういう時代なので、皆さんの心に残る作品になっていることを願っています。皆さんの顔を見ると、伝わっている表情をしているので。感無量です。参加できて本当に嬉しいです」と作品が実現したことへの感謝を述べた。

MCから「20年前に書かれた“予言の書”とも呼ばれる本作を映画化するに当たり、どのような点をこだわったのでしょうか?」と聞かれた堤幸彦監督は「全てにおいて、こだわりの連続でした。原発や国の体制、防衛産業など、それぞれ働く人々の表情、心持を映すことができました。ある作品では“貧乳”などと言っていた私で大丈夫かと思うこともありましたが(笑)最高のキャスト・スタッフと共に、完成することができました」とコメント。

    ピックアップ

    関連記事

    新着記事

    言語を選択

    私と映画Vol.7 メニコン 田中英成社長
    金曜映画ナビ
    八雲ふみねの What a Fantastics!~映画にまつわるアレコレ~
    能條愛未の「乃木坂週刊映画」
    スペシャル 写真家『早田雄二』が撮影した銀幕の女神たち
    antenna

    人気記事ランキング

    シネマズ公式ライター

    • 大場ミミコ
    • 川口裕樹
    • 石原弘之
    • タクスズキ
    • 宮本和彦

    シネマズ公式チャンネル

    教えて goo

    情報提供元:教えて goo