検索したら呪われる…恐怖のSNSホラー『アンフレンデッド』日本公開決定!

『インシディアス』『パラノーマル・アクティビティ』など多数のホラー映画を手掛けるプロデューサー、ジェイソン・ブラムがおくる、全編PCスクリーン上で展開、様々なSNSを駆使して呪い襲われる恐怖を描く“新感覚SNSホラー映画『アンフレンデッド』が、2016年7月30日に日本公開されることが決定し、ティザービジュアルが解禁となった。

自殺した友人にSNSで呪われる…映画『アンフレンデッド』

アンフレンデッド

ネット上に恥ずかしい動画がアップされ、それを苦に自殺してしまったローラ・バーンズ。あれから1年。彼女の幼馴染とその友人達はスカイプに集い、他愛もない会話を交わしていた。しかし、その中に見知らぬアカウントが存在することに気付く。やがてそのアカウントは死んだはずのローラ・バーンズとしてチャットで話しかけてくる。誰もが悪質ないたずらだとその存在を信じなかったが、ローラの死にまつわる隠された嘘がPCスクリーン上で徐々に暴露されていく。そして、そのひとつひとつが明かされる度に一人、また一人と謎の死を遂げていく――

アンフレンデッド ティザーポスター映画『アンフレンデッド』は、自殺した友人にSNSで呪われる、新感覚SNSホラー作品。全編PC上で展開されるという、斬新な設定とその恐ろしさが話題を呼び、BOX OFFICEに4週連続TOP10入りし、興行収入は3200万ドルを超えるなど全米で大ヒットを記録、続編の制作も決定している話題作だ。
 
このたび公開となったティザービジュアルは、「ローラ・バーンズ 呪い」などの検索ワードが羅列され「検索したら呪われる―。」というキャッチコピーがあしらわれたもの。キャッチコピーにならい、このワードを検索すると、自殺したローラ・バーンズのFacebookアカウントを見つけることができ、追悼ページを閲覧することができるようになっている。さらに、ティザービジュアルの中央にはうっすらと影があり、凝視するとローラ・バーンズが覗きこむようにじっとこちらを見ているという、なんとも気味の悪い仕上がりとなっている。
 
映画『アンフレンデッド』は2016年7月30日(土)より、新宿シネマカリテ、ヒューマントラストシネマ渋谷、池袋HUMAXシネマズほかにて公開。

(C)2014 Universal Studios. All Rights Reserved.

関連リンク

春の夜長にゾ~っと体験…様々な“恐怖”が楽しめるホラー映画3選
本物のホラー映画の〝恐怖〟は〝不安〟から生まれる
死者の復活を描くホラー映画『ラザロ・エフェクト』制御不能な予告編解禁!
玉城ティナが呪いの標的に?!『貞子vs伽椰子』JK役でホラー映画初挑戦

    ピックアップ

    関連記事

    新着記事

    言語を選択

    私と映画Vol.7 メニコン 田中英成社長
    金曜映画ナビ
    八雲ふみねの What a Fantastics!~映画にまつわるアレコレ~
    能條愛未の「乃木坂週刊映画」
    スペシャル 写真家『早田雄二』が撮影した銀幕の女神たち
    antenna

    人気記事ランキング

    シネマズ公式ライター

    • 猫ライター(コロン)
    • 片平圭亮
    • 東京散歩ぽ
    • 川口裕樹
    • 小峰克彦

    シネマズ公式チャンネル

    教えて goo

    情報提供元:教えて goo