竹内結子がナレーションに決定!「鬼談百景」映像化で映画とリンク

小野不由美氏原作の映画『残穢【ざんえ】―住んではいけない部屋―』初映画化を記念して映像化される「鬼談百景」にて、映画で主人公”私”を演じた竹内結子がナレーションをつとめることが明らかとなった。

恐怖が更に加速!竹内結子が「鬼談百景」でもナレーションを!

「鬼談百景」は、小野不由美氏が初めて手がけた、百物語怪談作品。今回「残穢」の映画化を記念して、中村義洋監督をはじめJホラーを代表する6人の監督が、その中から10個のエピソードを映像化する。

残穢【ざんえ】―住んではいけない部屋― 竹内結子 ナレーション
(C)2016「残穢-住んではいけない部屋-」製作委員会

映画『残穢【ざんえ】―住んではいけない部屋―』にて、竹内結子が演じる主人公”私”は、原作者の小野不由美氏を彷彿させる小説家の役で、劇中で書いている原稿が「鬼談百景」という設定となっている。今回映像化される「鬼談百景」で、竹内結子がナレーションすることで、2つの作品が見事にリンク。より作品のリアリティさが増し、恐怖が加速するしかけとなっている。

今回の映像化について、原作者・小野不由美氏からもコメントが到着した。

原作者・小野不由美 コメント

怪談は短編に向いたお話です。同様に、映像の場合も短い作品に向いている気がしています。ですから、ショートフィルムで複数の監督による競作、というこの企画をいただいたとき、無条件にわくわくしました。しかも選ばれた監督がすごい。好きで注目している方ばかりだったので、自分で選んだような気分です。このメンバーの怪談映像が一度に見られるなんて贅沢すぎる。

ホラーファンとしては、これを機会に、短いコンテンツを配信で――という今回の企画が、怪談映像の一つのスタイルになってくれれば素敵だなあ、と思います。

    ピックアップ

    関連記事

    新着記事

    言語を選択

    私と映画Vol.7 メニコン 田中英成社長
    金曜映画ナビ
    八雲ふみねの What a Fantastics!~映画にまつわるアレコレ~
    能條愛未の「乃木坂週刊映画」
    スペシャル 写真家『早田雄二』が撮影した銀幕の女神たち
    antenna

    人気記事ランキング

    シネマズ公式ライター

    • 廣田喜昭
    • 星井 七億
    • 井上大輔
    • 増當竜也
    • グアリーニ・ レティツィア
    • 砂流恵介

    シネマズ公式チャンネル

    教えて goo

    情報提供元:教えて goo