Jホラー、1996年から今日までの20年の歩み

A4一枚でわかるJホラー誕生まで

Jホラーのスタートをどこに据えるか?ここはあえてしっかりと映画「女優霊」が公開された96年に据えたい。

女優霊 [DVD]

まず、第一に「リング」の監督の中田秀夫と脚本の高橋洋初タッグ作品だということ。そして以前のプロデューサー特集でも触れた仙頭武則プロデューサーよる当時の新進監督による競作企画J-MOVIEWARSにおいて制作された“J”-MOVIEの中の“ホラー”であるということ。さらに、Jホラーの恐怖の象徴・共通アイコンともいうべき白いドレスを着た黒髪ロングヘアーの女性というキャラクターが本格的に登場したこともある。

もちろん、それ以前にも恐怖映画は日本にもあったが、日本映画での“ホラー映画”は実は歴史が浅い。

それ以前にあったのはいわゆる怪談映画だった。怪談ははるか昔から日本の文化に根付いた夏になれば風物詩的として登場する。これに対して、現代を舞台に現代の人々を主役に据えた恐怖を描いた映画は不遇の時代が続いた。

海外では60~70年代のオカルトブームや80年代のスプラッターホラー、90年代のサイコスリラー、00年代のトーチャポルノなどなど姿形を変えながら作られ続けた。
日本でもその都度制作の流れがあったが定着することは時代と社会がそれを許さなかった。かつては娯楽の王様だった映画も、徐々に斜陽を迎えはじめ必然的に映画の制作本数が減ってきた。

そうなるとまずは固い本流・万人受けの作品から順番に作られていくようになり、サブジャンルである恐怖映画はどうしても二の足を踏むようになる。そうしているうちに制作の機会はどんどんなくなってしまった。さらに社会情勢が追い打ちをかける。国内を騒然とさせるような陰惨な事件が起き、ホラー映画とリンクして語られるたびに下火になっていった。気が付くと日本映画を囲む内外の事柄が古典の怪談映画から現代のホラー映画への転換に時間がかかってしまった。

やっと体制が整ったが90年代半ばのころ、俗にいうビデオバブルのなかでオリジナルビデオ作品としてホラー映画が作られるようになっていった。これにより人材も経験値も増していき、それが映画「女優霊」として結実。

その2年後にあの「リング」がそしてオリジナルビデオの掌編として「呪怨」の元になる短編が清水崇監督により制作され、やがて世界を席巻するJホラーとなっていった。

    ライタープロフィール

    村松健太郎

    村松健太郎

    村松健太郎 脳梗塞と付き合いも10年目に入った映画文筆家。横浜出身。02年ニューシネマワークショップ(NCW)にて映画ビジネスを学び、同年よりチネチッタ㈱に入社し翌春より06年まで番組編成部門のアシスタント。07年から11年までにTOHOシネマズ㈱に勤務。沖縄国際映画祭、東京国際映画祭、PFFぴあフィルムフェスティバル、日本アカデミー賞の民間参加枠で審査員・選考員として参加。現在NCW配給部にて同制作部作品の配給・宣伝、イベント運営に携わる一方で各種記事を執筆。

    ピックアップ

    関連記事

    新着記事

    言語を選択

    私と映画Vol.7 メニコン 田中英成社長
    金曜映画ナビ
    八雲ふみねの What a Fantastics!~映画にまつわるアレコレ~
    能條愛未の「乃木坂週刊映画」
    スペシャル 写真家『早田雄二』が撮影した銀幕の女神たち
    antenna

    人気記事ランキング

    シネマズ公式ライター

    • 黒宮丈治
    • 猫ライター(コロン)
    • 立岡未来
    • 木村うい
    • ゆうせい
    • 岡部照将

    シネマズ公式チャンネル

    教えて goo

    情報提供元:教えて goo