実は、神木隆之介くん版「テラ・フォーマーズ」だった、話題の映画「太陽」!人間にとっての真の幸福とは何か?

太陽 神木隆之介 門脇麦
(C)2015「太陽」製作委員会

映画「太陽」公開記念イベント取材レポート

映画「太陽」が初日を迎えた4月23日に新宿ロフト・プラスワンで開催された公開記念イベント、「祝公開初日!映画『太陽』を語ろうの会」に参加・取材して来ましたので、作品レビューの前に、まずはそちらのレポートからお伝えしたいと思います。

これは、「SRサイタマノラッパー」シリーズでお馴染みの入江悠監督とその仲間たちが送る、「映画でモテる!」をキーワードにしたメルマガ、「僕らのモテるための映画聖典」、略して「僕モテ」が定期的に開催している映画イベントです。

今までは大体50人規模の会場での開催だったのですが、今回はトークイベント界の甲子園こと、新宿ロフト・プラスワンでの開催が実現。集まった観客はなんと過去最大規模の150人!

さて気になるその内容ですが、まず第一部は普段放送しているポッドキャスト番組「僕モテPodcast」の公開収録。この日公開されたばかりの映画「太陽」を、メルマガ執筆陣がそれぞれ個性的な視点から3分間レビューしていくという内容でした。特にこの日の午前中から、イベント開始の午後7時までの間に、都内3か所の映画館を回って3回連続で「太陽」を観るという荒行、通称「伯周3」を見事に達成させた、ラッパーの上鈴木伯周さんの即興ラップによるレビューは、場内の観客の大喝采を浴びていました。

大盛況のうちに終了した第一部から、間に休憩を挟んで第二部がスタート。第二部は、映画「太陽」のスタッフを招いて送る、ここだけの裏話全開の「太陽」製作秘話トーク大会でした。

当日は映画太陽の製作スタッフより、遠藤日遠思プロデューサー、メイキング担当の配島徹也監督、助監督お二人をお招きして、撮影苦労話や意外な裏事情、更におそらくDVDの特典映像には収録されないであろう、レアなメイキング映像の上映もあり、最後は恒例の大プレゼント抽選会で大フィナーレ!まさにファンにはたまらない内容の連続だったと言えるでしょう。

イベント終了後、まだ興奮覚めやらぬ入江監督に、ちょっとだけ今の心境をお聞きしてみました。

──「入江監督お疲れ様でした!どうですか、今イベント終えられてご感想は?」
入江監督 「いやー、やって良かったですね。凄い大盛況で良かったです」

 

──「会場のお客さんも、皆今日は太陽を観てからイベントに参加されたようですが?」

入江監督 「あの、今日から公開始まったんですけど、ぜひ、ここから更に広まって行ければと思ってますので、よろしくお願いします」

 

──「今は撮影のために、ずっと京都におられるそうですが、そうすると次回のイベントは撮影が終わる夏ごろでしょうか?」

入江監督 「いや、まあ夏は出来ないと思うんで、秋冬ぐらいだと思うんですよね。そうですね、半年に一回か一年に一回か判らないですけど、まあ続けていきたいですね」

 

──「今年の映画ベストの発表の頃ですね」

入江監督 「はい、ぜひ、これからまた続けていきたいと思いますんで、応援のほど宜しくお願いします」

 

──「最後に、これから太陽を観ようと思っている人たちに、、何かメッセージをお願いします」

入江監督 「そうですね、でも、色々な発見が観た人によってあると思うんで、ぜひ自分で発見してもらって、それぞれの自分の問題意識の中で、映画の面白さを見つけてもらいたいと思ってます。」

 

──「2回3回と観た方が、より深く楽しめる映画だということですね」

入江監督 「そうですね、ぜひ何回か観て頂けると嬉しいです」

 

イベント後は、近くのダーツバーを借り切ってのメルマガ読者限定参加の2次会へと続き、こうして映画ファンたちの熱い交流は夜明けまで続いたのでした。残念ながらイベント中は撮影禁止でしたので、楽屋にお邪魔して撮影させて頂いた写真から、当日の雰囲気をお楽しみ頂ければ幸いです。

常に周りを巻き込んで、進化変革を遂げて行く入江悠監督作品の裏側を知りたい方は、ぜひ一度イベントの方にも参加されてはいかがでしょうか?

 

開演前、進行表チェックに集中する入江監督
写真1

同じく開演前の入江監督と、「太陽」ラインプロデューサーの佐藤圭一朗氏。
写真2

第二部の開始前、休憩時間中の入江監督、撮影中の京都からイベントに参加されたため、少しお疲れの様子
写真3

同じく休憩時間中の楽屋より、右から:入江監督、メイキング担当の配島徹也監督、カット職人こと林賢一氏、佐藤圭一朗ラインプロデューサー、名優駒木根隆介
写真4

    ライタープロフィール

    滝口アキラ

    滝口アキラ

    滝口アキラ 映画ライターにしてブルース・リー研究家。主な著書に、「ブルースリー超全集」「俺たちのジャッキーチェン」「俺たちの007」などがある。映画のコミカライズや、日本オリジナル映画主題歌などの、「失われた映画カルチャー」にも造詣が深く、TBSラジオ「ウイークエンドシャッフル」へのゲスト出演、今関あきよし監督作品への声優出演、更には「実際に映画に出演する映画ライター」として、現在「毎月1本必ず映画に出る」をノルマに活動中。その抜群の企画力と、交友関係の広さには定評がある。

    ピックアップ

    関連記事

    新着記事

    言語を選択

    私と映画Vol.7 メニコン 田中英成社長
    金曜映画ナビ
    八雲ふみねの What a Fantastics!~映画にまつわるアレコレ~
    能條愛未の「乃木坂週刊映画」
    スペシャル 写真家『早田雄二』が撮影した銀幕の女神たち
    antenna

    人気記事ランキング

    シネマズ公式ライター

    • 田下愛
    • 久保田和馬
    • 立岡未来
    • カツセマサヒコ
    • ながち
    • 増當竜也

    シネマズ公式チャンネル

    教えて goo

    情報提供元:教えて goo