あなたに役立つ映画・ドラマのプラスαがあるメディア「シネマズプラス」

©cinemas PLUS Committee. All Right Reserved.

映画『99.9』、ドラマからのファン必見「7つ」の理由



2021年最後の大作映画と言っても過言ではない、『99.9-刑事専門弁護士- THE MOVIE』。

筆者はドラマのSEASON ⅠもSEASON Ⅱも常にリアルタイム放送で見ていた本ドラマのファンである。コミカルさとシリアスさの融合が絶妙で、またいつか出会えたらと思っていたので、映画として鑑賞できてとても嬉しい。

そんなドラマファンの目線として「ドラマからのファンは楽しめるのか」という疑問に応えていきたい。もちろん答えはYESだ。

【関連記事】
映画『99.9』松本潤が魅せる、深山大翔のキャラクター像

【関連記事】映画『99.9』ドラマ未視聴でも楽しめる3つのポイント

【関連記事】映画『99.9』評、松本潤が魅せた「リスタート」

理由1:ドラマキャスト総出演!

ドラマ「99.9」のファンの方であれば、松本潤や香川照之に限らず、「あのキャストは登場するのか」という部分が気になるはず。

これに関してはただ一言「ほぼ全員出るよ!」と伝えたい。



既に公式で発表されている通り、片桐仁や岸部一徳、榮倉奈々、木村文乃らが安定の登場。ドラマにおいて東京地方裁判所の裁判官・川上憲一郎を演じた笑福亭鶴瓶も登場し、物語の本題に絡んでいく。池田貴史、岸井ゆきの、映美くらら、畑芽育らお馴染みのメンバーも登場し、「あの感じ」を映画版でも踏襲していく。

理由2:変わらない雰囲気=「コミカルとシリアスの融合」

理由1で「あの感じ」を映画版でも踏襲と記してしまったが。コミカルとシリアスの融合という「99.9」らしさが、今回の映画でも溢れ出ている。

ドラマの映画化においては、ドラマと異なるテイストで攻める作品も時折ある。それはそれで新たな境地への開拓となるが『99.9-刑事専門弁護士- THE MOVIE』はそちらに舵を切っていない。

深山のキャラクターや事務所メンバーのコミカルなやり取りはもちろん、音楽や素早いカット割りなどもそのまま健在。それは言うまでもなく本映画の長所となっている。ドラマファンならば「ああ、帰ってきた」という安心や喜びを感じるだろう。

NEXT|次ページ > 事件に隠された事実を探るミステリー

無料メールマガジン会員に登録すると、
続きをお読みいただけます。

無料のメールマガジン会員に登録すると、
すべての記事が制限なく閲覧でき、記事の保存機能などがご利用いただけます。

いますぐ登録