あなたに役立つ映画・ドラマのプラスαがあるメディア「シネマズプラス」

©cinemas PLUS Committee. All Right Reserved.

2015-06-26

コラム

大ヒット御礼企画☆『トイレのピエタ』のあのシーンを松永監督が大暴露〜宏(野田洋次郎)編

編集部公式ライターの大場ミミコです。

2015年6月6日公開の映画『トイレのピエタ』、皆さんはもうご覧になりましたか?
すっかりこの映画に魅せられてしまった筆者は、今まで『トイレのピエタ』に関する記事を3つも書かせていただきました。

感想をシェアして完結する映画…『トイレのピエタ』の感想を松永監督に伝えてみた

RAD 野田洋次郎がすべて英語で!『トイレのピエタ』記者会見レポート

読み物としてもアートとしても最高!パンフレット版『トイレのピエタ』の歩き方

これらの記事すべてに登場するのが、死に直面した主人公・宏が、生まれ故郷の森をバックに『威風堂々(エルガー作曲の行進曲)』を鼻歌で奏でるというシーンです。
一粒、また一粒と宏の目から溢れる涙は、命の終焉に絶望した無力の涙のようにも見えますし、有無も言わさず死を言い渡された悔恨の涙のようにも見えますし、神に命乞いする気迫の涙のようにも見えます。

noda01


3つの記事すべてに登場させた事からも、このシーンに対する筆者の偏愛ぶりが伺い知れますが、その行き過ぎた愛に心を動かされた人物がいました。
…そう。そのシーンを作った張本人・松永大司監督です。そして何と、例のシーンの誕生秘話や、森へのこだわりについてお話して下さることになりました。
キャー!何なのでしょう、この神展開は!

ということで6月某日、待ち合わせのカフェにいそいそと足を運びました。

NEXT|次ページ > えっ!例のシーンは元々CGだった?!

続きを読むには、無料会員登録が必要です。

無料会員に登録すると、記事全てが読み放題。
記事保存などの便利な機能、プレゼントへのご招待も。

いますぐ登録