あなたに役立つ映画・ドラマのプラスαがあるメディア「シネマズプラス」

©cinemas PLUS Committee. All Right Reserved.

大ヒット御礼企画☆『トイレのピエタ』のあのシーンを松永監督が大暴露〜真衣(杉咲花)編



感情を殺してニッコリ笑う、杉咲花の演技力


―— もう1つ、真衣のシーンで好きなのは、おばあちゃんをお風呂に入れる場面です。真衣のおばあちゃんは認知症で、お風呂が嫌いなんですよね。あの手この手を使って、真衣が風呂に誘導しますが、なかなか入ろうとしない。そのうち、真衣の顔はイライラに支配され「あ、怒鳴る?殴る?」となった瞬間、何と真衣はニッコリ笑うんです。多くの人は、真衣が怒鳴り散らすシーンを予想しましたが、気持ち良く裏切られました。

松永監督「怒鳴れたら、もっと楽だと思います。」

―— 感情を押し殺した作り笑顔が、恐ろしくリアルでした。あのシーンが生まれた経緯をお聞かせ下さい。

松永監督「実は2~3年前、介護の映画を撮りたいと思っていて、1ヶ月ほどデイサービスの施設で介護のバイトをしました。多くの利用者(老人の方)はお風呂に入りたがらないんです。でも、スタッフの方はみんな笑顔で、一生懸命にお風呂にいれるために格闘する。そういう実体験が反映されています。」

―— 介護する側にも、される側にも、様々な事情があるんですよね。特に真衣はおばあちゃん子で、沢山の愛を注いでもらった設定ですから、その表現も一筋縄ではいかなかったのではないでしょうか?

松永監督「17歳という遊びたい盛りに、好き勝手できない不自由さというか…あんな小さな女の子が、ある意味自分の人生を犠牲にしている。その苦しさが真衣にはあると思うんです。しかも真衣は、本当におばあちゃんのことが大好きなんです。だから絶対怒れない。その辺りの背景は、小説には詳しく書いてあります(笑)。」

―— あのシーン自体は説明ゼリフもなかったし、余計なものを削ぎ落とした演技と表情がメインのシーンでしたよね。シンプルゆえに「愛しているから怒鳴れない」という真衣の葛藤が痛いほど伝わる名シーンでした。

松永監督「映画の方は、台詞や音楽を最小限にしたい。削ぎ落とすことで露わになる心の機微があると思ってますので。その代わり小説は、細かい描写を盛り込んで書きました。」

sugisaki01


NEXT|次ページ > 『トイレのピエタ』小説版について

続きを読むには、無料会員登録が必要です。

無料会員に登録すると、記事全てが読み放題。
記事保存などの便利な機能、プレゼントへのご招待も。

いますぐ登録