あなたに役立つ映画・ドラマのプラスαがあるメディア「シネマズプラス」

©cinemas PLUS Committee. All Right Reserved.

2016-08-17

ニュース

斎藤工が高梨臨に「…キスとかしてみますか?」種まく旅人第3弾の予告解禁

「種まく旅人」シリーズの第3弾となる映画『種まく旅人〜夢のつぎ木〜』の予告映像が解禁となった。

高梨臨&斎藤工主演『種まく旅人〜夢のつぎ木〜』予告映像


片岡彩音(高梨臨)、27歳。全国屈指の桃の名産地で、市役所勤めをしながら実家の畑で桃を育てている。目下の目標は、亡き兄が接木で作り出した新種の桃「赤磐の夢」を品種登録すること。でも夢は他にもあったはずだった。そんなある日、東京から農林水産省の若き官僚・治(斎藤工)がやって来る。理想を見失いかけている彼にもまた、日本の農業についての夢があった。ギクシャクしながらも、少しずつ距離を縮めていく2人。甘くて香り高い「赤磐の夢」は積年の願いを叶えるのか――

種まく旅人~夢のつぎ木~


映画『種まく旅人〜夢のつぎ木〜』は、2012年公開の陣内孝則&田中麗奈主演『種まく旅人~みのりの茶~』、2015年公開の栗山千明主演『種まく旅人 くにうみの郷』につづく「種まく旅人」シリーズ第3弾となる作品。本作では、舞台を岡山県赤磐市に移し、1人の女性が桃農家で奮闘する姿を描く。

亡き兄のため女優の道を諦め地元で桃の栽培に勤しむ彩音役を高梨臨が、農林水産省の若き官僚・治役を斎藤工が演じる。メガホンをとるのは佐々部清監督。

このたび公開となった予告映像は、地元で役所勤めと桃農家を兼業する彩音(高梨臨)のもとに、農林水産省の若き官僚である治(斎藤工)がやってくる場面から始まる。岡山県の自然と魅力を随所に散りばめ、神戸出身のアコースティックデュオ・にこいちの主題歌が爽やかに彩りを添え、最後には斎藤工の「キスとかしてみますか」という気になる台詞で締めくくられる。

映画『種まく旅人〜夢のつぎ木〜』は、2016年10月22日(土)より岡山先行ロードショー、11月より有楽町スバル座ほか全国ロードショー。



(C)2016「種まく旅人」製作委員会

無料メールマガジン会員に登録すると、
続きをお読みいただけます。

無料のメールマガジン会員に登録すると、
すべての記事が制限なく閲覧でき、記事の保存機能などがご利用いただけます。

いますぐ登録