あなたに役立つ映画・ドラマのプラスαがあるメディア「シネマズプラス」

©cinemas PLUS Committee. All Right Reserved.

女子憧れのキュートな制服が登場する映画3選!可愛すぎる制服姿に悶絶⁉︎

SHARE

学園モノ作品の公開が続いている今春。学生に欠かせないのが制服ですが、今季は特に個性的な制服が多いような気がします。




(C)2017「暗黒女子」製作委員会 (C)秋吉理香子/双葉社


そこで、筆者の独断と偏見で、制服が可愛すぎる映画を3作選んでみました!



清水富美加・飯豊まりえW主演「暗黒女子」


映画「暗黒女子」のあらすじはこちらから

原作の秋吉理香子による同名小説の表紙では、スタンダードな紺色の襟に赤いチーフの少女が描かれていますが、劇中に登場するのは映画オリジナルのえんじ色のセーラー服。


暗黒少女 秋吉理香子 イヤミス

(C)秋吉理香子/双葉社


お嬢様学校の高貴さを感じさせると同時に、血を連想させる赤が主役の制服です。イヤミス(読後に嫌な気持ちにさせるミステリー)の傑作といわれる原作の実写化だけに、ミステリアスな雰囲気を漂わせています。


一見よくありそうなシンプルなデザインですが、スカートまでえんじ色で統一されている制服は珍しいはず。


また、襟のラインの太さが違ったり、後ろ襟のラインは外側だけが繋がっているなど、実は細部に工夫が。


なにより、筆者が魅力的に感じたポイントは、ソックスがあずき色のようなブラウンなところ。えんじとブラウンの組み合わせは鉄板の可愛さで、ありそうでなさそうなギリギリを攻めている気がします。


暗黒少女 映画 清水富美加 飯豊まりえ


(C)2017「暗黒女子」製作委員会 (C)秋吉理香子/双葉社


美少女しか着ることが許されないような、主張が強い赤色の制服。劇中ではまさに美少女な6人が、見事に着こなしています!



土屋太鳳・亀梨和也W主演「PとJK」


映画「PとJK」のあらすじはこちらから

こちらは三次マキの人気漫画の映画化。原作では漫画らしく、現実にはおそらく存在しないであろう、ピンク色のニットやスカートが描かれています。


PとJK 原作イラスト

(C)三次マキ/講談社


映画版では、グレーとネイビーをほどよく組み合わせたセーラー服に。特に、冬服の可愛さが絶品です。ネイビーやブラックが多い冬服セーラーは、グレーのカラーというだけでキュートに見えませんか?


PとJK 土屋太鳳

(C)2017 「PとJK」製作委員会


さらに、白い袖と、そこに1本入ったネイビーのラインがワンポイントに。個性的かつ、現実離れしていない実際にありそうな制服です。


この制服の注目ポイントは、グレーのスカートの裾に10センチ程度、ネイビーを使っているところ。白シャツでシンプルになりがちな夏服も、このスカートがぐんと可愛く見せています。


舞台となっている、北海道・函館のノスタルジーな街並みの中でも、浮かずにマッチしているところも素敵。


ちなみに、今作では、亀梨和也くんの警察制服姿はもちろん、ブレザーや学ランを着ている姿も見られますよ!(学ラン姿に「ごくせん」時代を思い起こしたのは、筆者だけ…?)



永野芽郁主演「ひるなかの流星」


映画「ひるなかの流星」のあらすじはこちらから

同じく人気漫画原作の実写化ですが、劇中では、作者のやまもり美香が描いたデザインに近い制服が登場。グリーンのカーディガンがインパクト大です。さらに、右腕部分だけに入った白いラインも忠実に再現。


ひるなかの流星

(C)2017 フジテレビジョン 東宝 集英社(C)やまもり三香/集英社


加えて、グリーンのニットと濃いめの茶色いジャケットとの相性が抜群なんです!


漫画だからこそ、のデザイン性の高い制服を実写にうまく取り込みつつ、同級生と先生から迫られる、非日常な世界観を演出する効果も。


ひるなかの流星 サブ13

(C)2017 フジテレビジョン 東宝 集英社(C)やまもり三香/集英社


また、原作ではグレー1色のシンプルなスカートが、映画では大きめのチェック柄に。原作の雰囲気を壊さずに、オリジナルのアレンジが加わっているところにも注目です。


主演の永野芽郁ちゃんは2017年5月20日(土)公開の映画「ピーチガール」でも、制服姿を見せています。


ちなみに、可愛い制服といって筆者が思い浮かべるのは、「バトル・ロワイアル」のベージュのブレザー。原宿系ブランド「BA-TSU」によるデザインで、左右を編み上げにしたスカートとレースのペチコートがとても可愛く、店舗販売分が売り切れ続出だった記憶があります。


紺のセーラー服ではなく、ベージュのブレザーにしたのは、血の色がちゃんと見えるように、という意図もあったそうです。


可愛い女の子たちが可愛い制服を着ている眼福な映画は、いつまでも見ていたいという気持ちになれますよ!


(文・大谷和美)

全ての画像を見る

続きを読むには、無料会員登録が必要です。

無料会員に登録すると、記事全てが読み放題。
記事保存などの便利な機能、プレゼントへのご招待も。

いますぐ登録