あなたに役立つ映画・ドラマのプラスαがあるメディア「シネマズプラス」

©cinemas PLUS Committee. All Right Reserved.

2019-03-24

その他

スーパー戦隊のロボで一番多い名前は?『オー』『ジン』『キング』…ロボットのネーミングを調査!

■オジンオズボーンオジンオズボーン・篠宮暁の“特撮”向上委員会

ついに始まりました『騎士竜戦隊リュウソウジャー』。

スペシャル番組がかなり豪華でしたが、まったく勢いを弱めることなく、さらに加速させ、怒涛の勢いで楽しませてくれた第1話。

監督は、すでに特撮ファンから絶大なる信頼を得ている上堀内佳寿也監督。

今回も今まで見たことないシーンをいくつも見せていただき、大満足。

特に巨大戦の迫力には度肝抜かれました。

あんなに躍動感あるロボットを撮れるなんて。

シノビマルのダッシュとはわけが違うダッシュ。(アレはアレで相当驚きましたが。)

スーツに相当な工夫がされてるかと。

あと爆発の量もすごかったですね。

とにかく爆発させればという感じでなく、キシリュウオーが最も映える様に計算された爆発。

神々しさの様なものすら感じたシーンでした。

そんなこんなで走り出した「リュウソウジャー」、今年も一年間応援していきたいと思います。

バンダイ 騎士竜戦隊リュウソウジャー 騎士竜シリーズ01 竜装合体 DXキシリュウオー


話は変わりますが、今回はキシリュウオーを見て、ひとつ確認したいことができました。

ズバリ、「スーパー戦隊ロボの最後に『オー』がつくロボと『ジン』がつくロボどっちが多いか」です。

近年複雑な合体もありキリがない部分もありますので、自分で勝手にルールを決めました。

・二号ロボや三号ロボはカウントする

・一号ロボと二号ロボが合体したスーパー合体ロボ等はカウントしない

・一号ロボとのマルチ合体ロボもカウントしない

・映画のロボもカウントしない

それでは集計結果です。

まず「オー」ですが一号ロボだけでもキシリュウオー、キュウレンオー、トッキュウオー、ゴーバスターオー、ゴーカイオー、シンケンオー、エンジンオー、アバレンオー、ギンガイオー、大連王の10体。

(一号ロボをゴーバスターエースや龍星王にするかはまた別の機会に。)

二号ロボ以降だと23体の合計33体。

圧倒的です。

名誉バンカイ


すごいのは『炎神戦隊ゴーオンジャー』と『烈車戦隊トッキュウジャー』。

2戦隊でエンジンオー、ガンバルオー、セイクウオー、キョウレツオー、そしてトッキュウオー、ディーゼルオー、ビルドダイオー、ハイパーレッシャテイオーの4体ずつ、計8体という記録を叩き出しています。

元祖は『五星戦隊ダイレンジャー』の龍星王、カタカナでいうと『星獣戦隊ギンガマン』のギンガイオーでした。

さあこれに対して「ジン」がどうなるのか。

結果はなんと一号ロボはシュリケンジン、キョウリュウジン、旋風神、大獣神、ダイデンジン…の5体。

ほかを合わせても、全部で9体。

キュウタマジンはルールによりノーカウント。

たったこれだけ?

失礼しました。

「オー」と張り合うくらいいると思ってたら、まったくでした。

なんでかはわかりませんが僕の中でかなり「ジン」が強かったのです。

大獣神のせいかな。

茨の園~マジ・マジ・ゴジカ~


キングはジュウオウキング、マジキング、ガオキング、フラッシュキング、そしてバイソンキング、ゴーバスターキングはノーカウントの計5体。

ボーイはライナーボーイ、タックルボーイ、テトラボーイ、タイタンボーイの計4体。

『恐竜戦隊ジュウレンジャー』のボーイはロボじゃないのでノーカウント。

ということで「オー」が一位かと思っていましたら盲点でした。

「ロボ」があるじゃありませんか。

数えてみたら「ジン」なんかよりも遥かに多かったです。

一号ロボはバトルフィーバーロボ、サンバルカンロボ、ゴーグルロボ、ダイナロボ、バイオロボ、チェンジロボ、ライブロボ、ターボロボ、ファイブロボ、オーレンジャーロボ、RVロボ、ビクトリーロボ、タイムロボ、デカレンジャーロボの14体。

全部合わせて20体。

合計こそオーに劣りますが一号ロボだけなら4体上回って堂々の一位。

スーパー戦隊の初期をほぼ占める「ロボ」

そんな中に混じるダイデンジンやフラッシュキング。

当時はだいぶ攻めた名前だったに違いありません。

メテオ・カタストロフ


そしてデカレンジャーロボを最後に、ロボと名のつくロボが14年も出てきておりません。

久々にロボがつくロボを見てみたいな、というわがままを言いながら今回は締めさせていただきたいと思います。

(文:篠宮暁)

【オジンオズボーン・篠宮暁の“特撮”向上委員会】

第96回:放送から31年。『超獣戦隊ライブマン』の3人が揃った神イベント「超獣魂」をレポート
第95回:「3年A組」最終回を期待して待機!今シーズンの特撮界隈の盛り上がりを振り返る
第94回:『宇宙戦隊キュウレンジャー』大久保桜子&南圭介をゲストに迎えた刮目しまくりの特撮トークライブを振り返る

以前の記事はこちらから

【オジンオズボーン・篠宮暁の特撮辞典】も公開中!

続きを読むには、無料会員登録が必要です。

無料会員に登録すると、記事全てが読み放題。
記事保存などの便利な機能、プレゼントへのご招待も。

いますぐ登録