その他

REGULAR

2020年01月26日

“●●”の最終回くらい豪華な出演者が勢揃い!MCを務めた「超英雄祭2020」を振り返る

“●●”の最終回くらい豪華な出演者が勢揃い!MCを務めた「超英雄祭2020」を振り返る



控え室で待機してると、周りの楽屋から聞こえてくる皆さんの発声練習。

特にBeverlyさんは、本番となんら変わらない発声音量。

軽く机が並べられたところで昼食を食べていたら、目の前には宮内タカユキさんが。

あまりのオーラにしゃべりかけることができず、宮内さんをチラ見し、リハーサルされてる影山ヒロノブさんの歌声聴きながら食べるという状況。

きっともう二度とない、最初で最後の体験でしょう。

そしていよいよ本番。

サプライズでなんと、仮面ライダーディケイド役の井上正大さんと仮面ライダーディエンド役の戸谷公人さんが登場し、横浜アリーナは一気に興奮の渦の中に。

その興奮のまま「ゼロワン」と「リュウソウジャー」のオープニングショー。

それが終わるといよいよ自分の出番。

不思議と緊張はしておらず、とにかくやっとの思いでチケット買って見に来られた人の為に、自分の我は極力捨て、1秒でも長くゼロワンキャストの声をお客さんに届けられるようにしないと…などと考えてたら、合図が出て、いざ横浜アリーナのステージへ。

目の前に広がる12000人のお客さんと無数のペンライト。

挨拶しようと手を上げようとしたら、あれ?思うように動かない。

パッと見ると台本持つ手がとんでもなく震えている。

そりゃ経験したことない人数の前に立ってるんだから緊張もするわなと思いつつ、震えが止まらなかったんで逆にその状況を楽しませていただきました。

トークパートは15分の尺なんですが、体感は1分くらいに感じるくらいあっという間に終わったような。

数日経った今でも思い返すと胸が熱くなります。

エンディングにも再び出させていただき、そうそうたるメンバーの方々と同じステージに。

幼少期のスター、宮内タカユキさんと影山ヒロノブさんもいれば、青春時代のウォークマンに必ず入れてた西川貴教さん、Jさん、松岡充さん、TAKUYAさんという90年代後半を代表するアーティストも横一列で並んでいて超豪華。

僕の隣にいたアンジャッシュ児嶋さんがいまいちピンと来てなかったので、「いいとも!」の最終回と同じくらいすごいですと伝えると、「すごい豪華じゃん」とそこで驚かれていました。

見にこられた方も、それぞれハイライトがあったと思います。

ブルーレイが出るまでは脳内再生で思い返しておいて、発売されたら擦り切れるまで見て楽しみましょう。

見に来られなかった方も来年こそは会場で楽しめるよう、超英雄祭を体に馴染ませる為にブルーレイを見るのはいかがでしょうか。

(文:篠宮暁)

【オジンオズボーン・篠宮暁の“特撮”向上委員会】
第140回:♯衝撃を受けた特撮・アニソンの歌詞 を熟考!厳選した3曲を紹介
第139回:『魔進戦隊キラメイジャー』への興奮を語る!絶対面白い作品になると確信できる理由とは?
第138回:オジンオズボーン・篠宮暁が仮面ライダー関連仕事を振り返り!2019年は例年以上に興奮した1年

以前の記事はこちらから

【オジンオズボーン・篠宮暁の特撮辞典】も公開中!

無料メールマガジン会員に登録すると、
続きをお読みいただけます。

無料のメールマガジン会員に登録すると、
すべての記事が制限なく閲覧でき、記事の保存機能などがご利用いただけます。

RANKING

SPONSORD

PICK UP!