あなたに役立つ映画・ドラマのプラスαがあるメディア「シネマズプラス」

©cinemas PLUS Committee. All Right Reserved.

2020-01-31

ニュース

大ヒットコメディ『グッド・ボーイズ』日本公開決定!




モンスターヒットコメディ『GOOD BOYS』(原題)が『グッド・ボーイズ』の邦題で5月、TOHOシネマズ 日比谷ほか全国公開することが決定した。

本作は、2019年8月16日に全米公開され世界興行収入は120億円(110,883,070ドル※)を突破。米辛口批評サイトRotten Tomatoesでは80%フレッシュをたたき出し高評価を獲得した超話題作。(※興行収入はBoxOfficeMojo調べ)

小学6年生の少年3人が同級生の女子たちに“初キス・パーティー”に誘われる。このパーティーは、オトナの階段を上る登竜門。彼らにキスの経験など全くないため、背伸びをして様々な手を使いリサーチを開始する。そこで少しずつ垣間見られる“オトナの世界”に好奇心が止まらない少年たち。しかし、とある事件をきっかけにとんでもない騒動へと発展し、彼らは絶交の危機に直面してしまうー。

主演のおませなモテ男子マックス役を『ワンダー 君は太陽』、『ルーム』などで才能を発揮してきた天才子役ジェイコブ・トレンブレイが演じ、生真面目で曲がったことが許せないルーカス役をキース・L・ウィリアムズ、そしてワルを気取りつつも天使の声を持つソー役をブレイディ・ヌーンらフレッシュな子役たちがキュートに熱演。

監督は本作が長編デビューとなるジーン・スタプニツキー。製作には俳優であり、作り手として『ソーセージ・パーティー』を手掛けたセス・ローゲンと『スーパーバッド 童貞ウォーズ』、『50/50 フィフティ・フィフティ』、『ロング・ショット 僕と彼女のありえない恋』などセスと長年作品を作り続けてきたエヴァン・ゴールドバーグが名を連ね最強のコメディ映画を誕生させた。

本国では過激な表現にR指定作品となり、大ヒットにも関わらず出演している3人は映画を観ることは叶わなかった……。(日本はPG12指定)

ストーリー


小学6年生のマックス(ジェイコブ・トレンブレイ)、ルーカス(キース・L・ウィリアムズ)、ソー(ブレイディ・ヌーン)の3人組は女子たちから<初キス・パーティー>に誘われる。しかし、彼らはキスの仕方が分からず、あの手この手でリサーチを開始。オトナの世界に好奇心が止まらない!そんな中、父親の大切にしているドローンが粉砕する事件が発生。新品が手に入るのは遠く離れた隣町のショッピングモールだ。父親が仕事から戻る前に手に入れなければ、外出禁止で<初キス・パーティー>に参加できない―!?彼らはオトナになるための初キスを賭け、前代未聞の壮大な旅へ出るのだが、そこで思わぬ大騒動を巻き起こしてしまうー!!

作品情報


『グッド・ボーイズ』
5月、TOHOシネマズ 日比谷ほか全国公開
監督:ジーン・スタプニツキー 脚本:ジーン・スタプニツキー、リー・アイゼンバーグ
製作:セス・ローゲン、リー・アイゼンバーグ、エヴァン・ゴールドバーグ
出演:ジェイコブ・トレンブレイ、ブレイディ・ヌーン、キース・L・ウィリアムズ ほか
2019年/アメリカ/カラー/デジタル/英語/原題:GOOD BOYS/90分/PG12
配給:パルコ ユニバーサル映画
宣伝:スキップ
公式Twitter:@GOODBOYS_JP
©Universal Pictures

⇒他の記事も読む