あなたに役立つ映画・ドラマのプラスαがあるメディア「シネマズプラス」

©cinemas PLUS Committee. All Right Reserved.

『魔進戦隊キラメイジャー』のOP曲が最高!特撮界で預言者の異名をもつ作詞家・藤林聖子さんの歌詞の魅力

■オジンオズボーン・篠宮暁の“特撮”向上委員会




『魔進戦隊キラメイジャー』、面白すぎます。

すでにもう5人のキャラが確立されつつあり、傑作になる匂いがプンプンしております。

荒川稔久さん色が漂うストーリーも最高なんですが、「キラメイジャー」は何といってもオープニングテーマがたまりません。

歌詞が、ここ数作に比べてスルスルと耳に入ってきます。

初回に聞いた後にはもう口ずさんでいたほど。

このオープニングテーマ、耳馴染みがいいだけではありません。

なぜか涙腺が緩むくらいエモくて

聴けば聴くほど胸にどんどん深く刺さっていく感じがします。

最初の出だし「キラキラ輝くために 僕らは巡り合ったと思うから」で、もう僕の心は掴まれています。

「思うから」がキモなんですよ。

僕らは巡り合ったって言い切らない。

この箇所が若い時特有の不安定さを漂わせると同時に、キラキラ感も感じることができる秀逸な歌詞。

宝石にかけた歌詞の「傷つけ 磨き上げる」。

最初からキラキラしてるわけではなく、傷ついたりもするけど、その傷がなくなるように磨いて、さらに綺麗になろうよ、ととれるメッセージは偽善や説教くさい感じが一切なく、失敗したところで、この先輝く上ではなんの問題もないと言ってくれてるような気がして安心します。

「キラメイジャー」の歌詞には上記のように、上げて落としている箇所が他にもあります。

「夢を描くけど外の世界 はみ出せないまま」

自由に描いてるつもりでも自由じゃなかったという、成長過程で誰もが感じる淡さが表現されていて、聞いてる人を落とします。

しかしそこからサビに向かって、ここまでに落とした分を回収しながらグングン上がっていって、「未来がはじまる風を 掴んで上昇キラリ キラメンタル」。

未来がはじまる風。

こんな表現初めて聞きました。

最高に希望に満ち溢れた歌詞。

このオープニングテーマは、どこを切り取ってもシビれます。

そんな魔法のような歌詞を書かれているのは、藤林聖子さん。

数々の特撮作品の主題歌を作詞されており、スーパー戦隊だと

『聖獣戦隊ギンガマン』
『侍戦隊シンケンジャー』
『特命戦隊ゴーバスターズ』
『獣電戦隊キョウリュウジャー』
『動物戦隊ジュウオウジャー』
『宇宙戦隊キュウレンジャー』
『快盗戦隊ルパンレンジャーVS警察戦隊パトレンジャー』

を担当。

仮面ライダーは、

『仮面ライダークウガ』
『仮面ライダーアギト』
『仮面ライダーファイズ』
『仮面ライダーブレイド』
『仮面ライダー響鬼』
『仮面ライダーカブト』
『仮面ライダー電王』
『仮面ライダーキバ』
『仮面ライダーディケイド』
『仮面ライダーダブル』
『仮面ライダーオーズ』
『仮面ライダーフォーゼ』
『仮面ライダーウィザード』
『仮面ライダー鎧武』
『仮面ライダードライブ』

そして、現在放送中の『仮面ライダーゼロワン』までも手掛けてらっしゃいます。

この作品数をみるだけでも、どれだけすごいかわかるかと思います。

しかも主題歌だけでなく挿入歌までも作詞されており、特撮関連だけで優に100曲は超えます。

驚くのはその数だけではありません。

ファンの間では預言者と崇められておりまして、最終回の展開なんて当然見えていないであろう状態から作詞されているのに、最終回間近や、作品によっては最終回終わったあとに、改めて歌詞を見てみるとゾクッとするくらい作品の展開と一致していることが多々あり、ゆえに新番組が始まって主題歌の作詞担当が藤林さんだとわかると、ただただ平伏してしまう自分がいます。

作品を楽しむ際は主題歌の歌詞にまで注目して見ていただくと、感動が何倍にも膨れあがりますので、ぜひ。

内容うんぬん抜きにしても「ガンガンギギン」とか「チャンチャンバラ チャンバラ」とか「いーじゃん いーじゃん すげーじゃん」とか、耳に残って二度と忘れないフレーズが多いのも藤林さんならでは。

(文:篠宮暁)

【オジンオズボーン・篠宮暁の“特撮”向上委員会】
第150回:横浜流星のどこが好き?『烈車戦隊トッキュウジャー』のアクションが光る厳選3話を紹介
第149回:『魔進戦隊キラメイジャー』オジンオズボーン・篠宮が“推し”について語る
第148回:『魔進戦隊キラメイジャー』が毎週日曜の新たな楽しみに!1話を振り返り感想を語る

以前の記事はこちらから

【オジンオズボーン・篠宮暁の特撮辞典】も公開中!