あなたに役立つ映画・ドラマのプラスαがあるメディア「シネマズプラス」

©cinemas PLUS Committee. All Right Reserved.

2020-09-20

ニュース

「半沢直樹」第9話の見どころとあらすじ|しゃべるか死ぬか

TBS系列にて大好評放送中のドラマ「半沢直樹」。第8話の視聴率が関東では28.5%となり、今シリーズのベストを更新した。

9月20日には最終回前となる第9話が15分拡大スペシャルにて放送される。黒崎(片岡愛之助)が最後に残したヒントを手がかりに、半沢(堺雅人)が最後の倍返しに挑む。



半沢直樹 第9話 あらすじ



半沢(堺雅人)は、合併前の旧東京第一銀行が箕部幹事長(柄本明)に貸し出した20億円もの融資の実態を探ろうとするが、亡くなった牧野元副頭取(山本亨)が不正な金を受け取っていた証拠を突きつけられ、手を引くことを余儀なくされる。

同じように箕部を追っていた金融庁の黒崎(片岡愛之助)にも箕部の魔の手が伸び、再び国税庁に異動させられてしまう。黒崎が最後に残した「伊勢志摩ステート」というヒントを手がかりに、半沢は伊勢志摩へと飛ぶ。空港で彼を待っていた人物とは…。

伊勢志摩支店の同期の協力を仰ぎ、伊勢志摩ステートの15年前の財務資料を徹底的に調べる半沢。

さらに、思わぬの人物の姿を目撃するのだった。
半沢の疑惑は確信へと変わっていき…。

半沢は伊勢志摩ステートに隠された秘密を暴き出し、倍返しすることはできるのか…!?


【番組公式サイト】
日曜劇場『半沢直樹』|TBSテレビ

⇒他の記事も読む

関連記事


「半沢直樹」第8話の見どころとあらすじ|黒幕は頭取!? | シネマズ PLUS