あなたに役立つ映画・ドラマのプラスαがあるメディア「シネマズプラス」

©cinemas PLUS Committee. All Right Reserved.

2020-11-30

公開情報

門脇麦×水原希子『あのこは貴族』予告編・ビジュアル解禁|2021.2.26公開



都会の異なる環境を生きる二人の女性が、恋愛や結婚だけではない人生を切り拓く姿を描いた『あのこは貴族』が2021年2月26日(金)より全国公開。

監督は初のオリジナル⻑編作品『グッド・ストライプス』で、新藤兼人賞金賞を受賞した岨手由貴子。原作は、山内マリコによる同名小説。主人公の箱入り娘・華子に門脇⻨。地方から上京し、自力で生きる美紀役は水原希子が演じる。

奇しくも二人を繋ぐことになる、弁護士・幸一郎役に高良健吾、華子の学生時代からの友人でバイオリニストの逸子役に石橋静河、美紀の地元の友人で同じ名門大学に入学する・平田役に山下リオと、若手実力派俳優が集結。

今回、異なる階層に生きる華子(門脇)と美紀(水原)が偶然の出会いをきっかけに、自分の階層の中で幸せを模索していく姿が描かれた予告編が解禁。



「結婚=幸せ」と信じて疑わない箱入り娘の華子は、両親に言われるがままお見合いをするなど、お相手探しに奔走。終始うつむきがちで、感情が見えない表情の華子は、目の前に現れた良家の生まれで弁護士の⻘木幸一郎に一目惚れ。やっと見つけた私の幸せとばかりに顔をほころばせるのだが…。

一方、地方出身者の美紀は名門大学に進学するも家庭の事情で学費を自分で稼ぐこととなりアルバイトに明
け暮れ、次第に心と体はすり減っていき、中退を余儀なくされる。しかし小言のうるさい父親や停滞する地元から抜け出したい気持ちから、その後も東京で働き続けていた。

出会うはずのなかった華子と美紀の人生が幸一郎をきっかけに突然交錯。同じ東京に暮らしながら、互いに自分の生きる世界とは全く違う世界があることを知り、同時に自身の階層の狭さも、その中にあった自由にも気づかされる。

友人になるのではない、忘れられない一瞬の出会いを糧にして人生の新しい扉を開いていく2人の姿に、先日開催された第 33回東京国際映画祭では、【階層を越えて手を取り合う女性たちの姿は、これまでになかったジャンル】と喝さいを浴びた。

作品情報

『あのこは貴族』
2021年2月26日(金) 公開
出演:門脇麦/水原希子/高良健吾/石橋静河/山下リオ/佐戸井けん太/篠原ゆき子/石橋けい/山中崇/高橋ひとみ/津嘉山正種/銀粉蝶 ほか
監督:岨手由貴子
配給:東京テアトル/バンダイナムコアーツ
公式サイト:https://anokohakizoku-movie.com/

ストーリー
東京に生まれ、箱入り娘として何不自由なく成⻑し、「結婚=幸せ」と信じて疑わない華子。20 代後半になり、結婚を考えていた恋人に振られ、初めて人生の岐路に立たされる。あらゆる手立てを使い、お相手探しに奔走した結果、良家の生まれである弁護士・幸一郎と出会う。幸一郎との結婚が決まり、順風満帆に思えたのだが...。一方、東京で働く美紀は富山生まれ。猛勉強の末に名門大学に入学し上京したが、学費が続かず、夜の世界で働くも中退。仕事にやりがいを感じているわけでもなく、都会にしがみつく意味を見いだせずにいた。幸一郎との大学の同期生であったことから、同じ東京で暮らしながら、別世界に生きる華子と出会うことになる。二人の人生が交錯した時、それぞれに思いもよらない世界が拓けていく―。

続きを読むには、無料会員登録が必要です。

無料会員に登録すると、記事全てが読み放題。
記事保存などの便利な機能、プレゼントへのご招待も。

いますぐ登録

(C)山内マリコ/集英社・『あのこは貴族』製作委員会