あなたに役立つ映画・ドラマのプラスαがあるメディア「シネマズプラス」

©cinemas PLUS Committee. All Right Reserved.

卵子提供者の考え方・選択肢を提示する『Eggs選ばれたい私たち』



皆さんはエッグドナーというモノをご存知でしょうか?

30歳までの女性を対象にした卵子提供者のことです。

まだまだ認知度の低いこのエッグドナーをテーマにした『Eggs選ばれたい私たち』です。今作のヒロインは結婚願望ゼロとレズビアンの従姉妹同士。「それでも母親にはなりたい」という想いを抱えててエッグドナーに名乗りを上げます。

「結婚して、子供を産むのが一番の幸せ」となっている考え方に対して監督ならではの考え方・選択肢を提示した作品に仕上がっています。



本作の監督はこれが長編デビューとなる川崎僚監督。実は短編時代から知縁がある監督でもあります。というのも私が映画ビジネスを学んだニューシネマワークショップ(NCW)の監督コースの出身者だからです。

ニューシネマワークショップからは長編デビューを果たした監督は多く『ドクター・デスの遺産-BLACK FILE-』の深川栄洋、『宇宙兄弟』の森義隆、『愛がなんだ』の今泉力哉などがOBとして名を連ねています。またあの是枝裕和監督が認めた『泣く子はいねぇが』の佐藤快磨、短編として異例のヒットを記録した『カランコエの花』の中川駿監督もOBです。

修了後もサポートの厚いこともあってその後も映画を撮り続け、公開にこぎつけている監督が多く、劇場公開を経験している監督は長編だけでも50人近くに上ります。

『Eggs選ばれたい私たち』の川崎僚監督もそんな中の一人です。すでに海外映画祭での上映も経験しており、これからが注目の新進監督の一人です。

 映画監督デビューを果たしたNCWOB

(文:村松健太郎)

NEXT|次ページ > 『Eggs 選ばれたい私たち』作品情報

続きを読むには、無料会員登録が必要です。

無料会員に登録すると、記事全てが読み放題。
記事保存などの便利な機能、プレゼントへのご招待も。

いますぐ登録