あなたに役立つ映画・ドラマのプラスαがあるメディア「シネマズプラス」

©cinemas PLUS Committee. All Right Reserved.

2021-02-10

映画のタイトルロゴになったことある?私は『プロメア』である

SHARE


記事のタイトルを見て、何を言っているのかワケが分からない人もいるだろう。ただ、本当にそうとしか言えない体験をしたのだ。

そう、『プロメア』で。


そもそもこの作品は序盤からアクションシーンがぶっ飛んでいたためTwitterでは、「最初からクライマックス」というワードが合言葉のようになっていた。あとクレイ・フォーサイト(CV:堺雅人)の名ゼリフ「滅殺開墾ビーム」も。

とはいえ、最初からそんな盛り上がりを見せていたわけではない。

実は早々に上映終了を決める劇場も多かった。しかしTwitterでのファンの口コミで人気に火がつき、気がつけば前日譚付き上映や応炎(援)上映、逆輸入版上映など、さまざまな形での超ロングランへと繋がっていったのだ。



2019年10月から始まった4D版(4DX/MX4D)も、その1つ。4Dといえば映像とともに座席が揺れたり風が吹いたり、フワッとキャラクターやその景色を彷彿とさせる香りがでてきたりする、アトラクション性の高い映画の楽しみ方だ。

序盤からアクションシーンが激しいプロメアだ。座席の揺れがハンパないことは想定できた。(実際は想像を越えた揺れだったため、何度もシートから落ちそうになった)

しかしその揺れは、思いがけないところにも仕掛けられていたのだ。




このロングPVの1分51秒のところに出てくるタイトルロゴの「ジョキン!ジャキン!バーンッ!」のアニメーションと音に合わせて、座席が斜めに動く動く。

「ああ、人間って映画のタイトルロゴになれるんだ……」

人生で“タイトルロゴになる”という体験は初めてだったし、これからもおそらく経験することはないだろう。

こんな貴重な経験をさせてもらったプロメアに改めて礼を述べたい。

あーりーがーとーうー!!(CV:堺雅人を心に宿して)

(文:クリス)

NEXT|次ページ > 『プロメア』作品情報

続きを読むには、無料会員登録が必要です。

無料会員に登録すると、記事全てが読み放題。
記事保存などの便利な機能、プレゼントへのご招待も。

いますぐ登録

©TRIGGER・中島かずき/XFLAG