あなたに役立つ映画・ドラマのプラスαがあるメディア「シネマズプラス」

©cinemas PLUS Committee. All Right Reserved.

「まだ誰も見たことがない大泉洋」|最新作『騙し絵の牙』までの軌跡


(C)2020「騙し絵の牙」製作委員会

大泉洋と聞いて、あなたはどんなイメージを抱くでしょうか?北海道ローカルテレビ局HTBが制作したバラエティー番組「水曜どうでしょう」の全国的なヒットによって知名度を上げ、全国区へ進出。気が付けばNHK大河ドラマや朝の連続テレビ小説、フジテレビ月9ドラマやTBS日曜劇場にまで出演するようになり、とうとう2020年年末には紅白歌合戦の司会にまで上り詰めました。

芸人顔負けの話術を見せたかと思うと、硬軟自在の演技を見せてくる、みんな知っているようで実は知らないことだらけな存在。それが大泉洋という俳優なのではないでしょうか?

そんな大泉洋は1996年の『ガメラ2 レギオン襲来』で映画デビューを飾っています(と言ってもちょい役もちょい役なのですが…)。ちなみに北海道・札幌が前半部の舞台のなっている『ガメラ2』では「水曜どうでしょう」の“ミスター”こと鈴井貴之や同じ演劇ユニットのTEAM-NACSのメンバーでもある安田顕の顔を見つけることができます。

この『ガメラ2』から数えて、大泉洋は今年はなんとスクリーンデビュー25周年イヤー。そこで過去作から最新作『騙し絵の牙』までをまとめながらその魅力に迫っていきます。

全ての画像を見る
NEXT|次ページ > 2005年の東京進出からノンストップの快進撃

続きを読むには、無料会員登録が必要です。

無料会員に登録すると、記事全てが読み放題。
記事保存などの便利な機能、プレゼントへのご招待も。

いますぐ登録