あなたに役立つ映画・ドラマのプラスαがあるメディア「シネマズプラス」

©cinemas PLUS Committee. All Right Reserved.

モーニング娘。の魅力を考える|女性ファンが多いワケは?


1998年の結成から24年経ち、女性アイドルグループとして最長の活動年数を誇るモーニング娘。

近年女性ファンが急増しているとのことで、12月24日の日テレ「MUSIC BLOOD」のゲストで「なぜモーニング娘。は女性たちの心を掴んで離さないのか?」をテーマに歴史や楽曲をひもとき「ハマる理由」を解き明かすという。

筆者は結成時からモーニング娘。のファンで、初めてコンサートに行ったのは2007年なのだが、当時は本当に女性ファンが少なく、肌感ではあるが1割いるかいないかという印象だった。今では半分かそれ以上が女性なのではと思うほど増えた。

本記事では、女性ファン視点のモーニング娘。の魅力についてお伝えしたい。

【関連記事】モーニング娘。佐藤優樹卒業シングル「Teenage Solution」の魅力

【関連記事】モーニング娘。は、いつだって今が一番かっこいい

【関連記事】一度聴いたら忘れられない、セリフ付きの18曲

クオリティの高いパフォーマンスが最高にかっこいい



モーニング娘。の魅力といえば、ライブ。少しでもモーニング娘。に興味を持った人は、ぜひコンサートに足を運んで欲しいと思っている。以前は周囲に興味があるという人がいたらチケットを取って連れて行ったりしていたのだが、コロナ禍で以前行われていたような年2回開催される全国ツアーがない今、なかなかその機会がないのがもどかしい。

生歌と激しいダンスが両立するパフォーマンス、多少のMCは挟むが2時間以上ほぼ歌って踊っている彼女たちのスタミナに圧倒されると思う。ときには汗だくになりながら生き生きと躍動する彼女たちを見ると、こちらも気持ちが高まる。衣装を着てパフォーマンスする合間に笑顔を見せてくれる彼女たちは、かっこよくてかわいい、かわいいけど強い、私たちの人生を救ってくれる女戦士のようだ。

記憶に新しいのは「ロック・イン・ジャパン・フェスティバル」への出場だ。初登場の2018年、アウェーでの活躍機会が少なかった彼女たちは、MCを極力削って1曲でも多くパフォーマンスすることに賭けた。筆者は会場真ん中よりやや後ろにいたのだが、「LOVEマシーンしかわからないけど見ていくか」と言っていたファンではない方のテンションがどんどん上がっていくのを感じ、嬉しかった記憶がある。

この炎天下でのほぼ休みなしで行われたパフォーマンスは「体力お化け」などの誉め言葉とともに話題にのぼり、翌2019年は最も大きいステージでパフォーマンスできることになった。

NEXT|次ページ > 女心をわかっている、つんく♂の楽曲

無料メールマガジン会員に登録すると、
続きをお読みいただけます。

無料のメールマガジン会員に登録すると、
すべての記事が制限なく閲覧でき、記事の保存機能などがご利用いただけます。

いますぐ登録