あなたに役立つ映画・ドラマのプラスαがあるメディア「シネマズプラス」

©cinemas PLUS Committee. All Right Reserved.

「インビジブル」インビジブルは別にいた……キリコの目的は一体?


>>>「インビジブル」の画像を全て見る

高橋一生が主演するTBSの金曜ドラマ「インビジブル」が2022年4月15日スタート。

本来相容れないはずの二人がタッグを組んで、警察すら存在を知らない凶悪犯、通称“クリミナルズ”に立ち向かっていく前代未聞の犯罪エンターテインメントである本作。逮捕のためにグレーな手段を使うこともある刑事・志村貴文をTBS連続ドラマ初主演となる高橋一生、志村のバディとなる犯罪コーディネーター・キリコを柴咲コウが演じる。

本記事では、第5話をcinemas PLUSのドラマライターが紐解いていく。

>>>【関連記事】<妻、小学生になる。>最終回までの全話の解説

>>>【関連記事】「天国と地獄 ~サイコな2人~」最終回までのあらすじ&感想

>>>【関連記事】『燃えよ剣』レビュー:激動の現代に贈る原田眞人監督のエンタメ時代劇傑作!

「インビジブル」第5話レビュー


キリコ(柴咲コウ)が姿を消した。キリコだけではない。3年前の通り魔事件の犯人とされる武入(鈴之助)も護送中に連れ去られてしまう。そして、武入連れ去りを仕組んでいたのはキリコだった。

護送中の犯人を奪われるのは警察の大失態(と言うか、インビジブル内では警察が失態続きで心配になる)。
警察内部ではキリコの逮捕を示唆するが、一方で志村(高橋一生)は、武入は真犯人ではない、と言い切り……。
志村はハッカーのローズ(DAIGO)に頼み……いや半ば脅して、キリコの行方を追う。
武入が犯人ではないとしたら誰なのか。果たして本当にインビジブルが安野(平埜生成)の殺害を指示したのか。キリコの支援のもと事件を解決してきたけれど、ただキリコの手のひらの上で踊らされていただけなのか?
でも、志村は半信半疑ではあるけれど、どこかでキリコを信じている部分があるようにも見える。
キリコの居場所を突き止めた志村は真実を問いただす。

キリコが探し出したいのは「キリシマ」という人物。武入も会いたがっている人物だ。「キリシマ」の正体とは、というところで、今度は武入が再び連れ去られる。犯罪者だし、同情すべきところはないんだけれど、こう何度も連れ去られるのは若干不憫である。
キリコと志村は再び手を組んで、武入の行方を追うことに。そんな2人の前に包帯で顔を覆った人物から映像メッセージが届く。
キリコが持っているクリミナルズのリストが入ったデータチップを持ってくれば武入を解放するという。

危険を冒しつつも、データチップと交換で武入を奪取した志村たち。しかし、直後に武入は何者かによって殺されてしまう。驚く志村たちの前に現れたのはひとりの男(永山絢斗)。「キリヒト……」と男に向かって呼びかけるキリコ。
明らかになったのは、「キリヒト」はキリコの弟だということ、そして、本物のインビジブルであるということ。
と、なると、なぜキリコがインビジブルを名乗ったのか、なぜ志村名指しで警察内部に入り込んだのか。キリヒトに対して何がしたいのか。

確かに、キリコにはこれまで登場したクリミナルズと違い、狂気がないように見えた。理性を取り繕っている嘘っぽさがなかった。
少しずつ謎が明らかになっているように見えて、今のところはまだ何も分からない状態だ。物語は中盤に差し掛かったばかり。ここから、インビジブルの本当の目的が明らかになっていくのだろうか。

(文:ふくだりょうこ)


>>>【関連記事】<妻、小学生になる。>最終回までの全話の解説

>>>【関連記事】「天国と地獄 ~サイコな2人~」最終回までのあらすじ&感想

>>>【関連記事】『燃えよ剣』レビュー:激動の現代に贈る原田眞人監督のエンタメ時代劇傑作!

全ての画像を見る
NEXT|次ページ > 「インビジブル」第5話ストーリー

無料メールマガジン会員に登録すると、
続きをお読みいただけます。

無料のメールマガジン会員に登録すると、
すべての記事が制限なく閲覧でき、記事の保存機能などがご利用いただけます。

いますぐ登録