あなたに役立つ映画・ドラマのプラスαがあるメディア「シネマズプラス」

©cinemas PLUS Committee. All Right Reserved.

大倉忠義の魅力|なぜかクズ役がハマる!輝かしきクズ遍歴を紹介

SHARE



いよいよクライマックスを迎えるドラマ「知ってるワイフ」。大倉忠義演じる主人公・元春のクズっぷりに、初回からツッコミ・非難の声も多かったこのドラマ。本人は決してそうではないはずなのに、ここ数年“クズ”と言われる役で話題になることが多く、「大倉くんのクズ役、なんでか結構ハマってるな~」と思うこともしばしば。この記事では、ここ数年印象的だった3作品と役どころをご紹介します。

ドラマ「知ってるワイフ」…とんでもない巻き込み系クズ



妻の澪(広瀬アリス)がモンスターになり、「騙された、他の人と結婚したら幸せになれるはず」と変なおっさんに聞いた方法で過去を変え、結婚相手を変えてしまうというとんでもない巻き込み系クズ・剣崎元春を演じています。過去を変えたら二人の子どもがいなくなってしまうことに、未来を変えてしまってから気づくというクズっぷり(一瞬泣くものの驚くべきスピードで立ち直る)。

元春によって運命を変えられてしまった人は自分や妻だった澪、新たに妻となった沙也佳(瀧本美織)だけではありません。親友の津山(松下洸平)に至っては、元春が沙也佳との待ち合わせに間に合うためにタクシーを横取りしたせいで、元の世界では妻であった恋人を追って空港に行くのに間に合わず独身にされており、かなりの被害者です。

さらに、変わった後の世界で津山が澪にアタックするのが気に食わなくて邪魔したり、沙也佳との約束を破って澪の母を夜遅くまで探したり、自分でも言っていたが何がしたいのかわからない。傷ついた沙也佳に「私のことを見ていない」と別れを告げられ、結局離婚することになってしまう。結局目の前にいる人を幸せにできない男なのです。

過去を変える前も後も、その場の衝突を避けるためかすぐバレるその場しのぎの嘘を平気でつき、相手が怒り始めるとすぐに諦めてしまうところが良くない気がする。終盤、澪とうまくいかなかった原因は自分にあったことに気づく点はいいですが、気づくタイミングとしてもすでに運命が変わってしまったという意味でも時すでに遅し。過去を変える前にそのことに気づけなかったのかと激しくつっこみたくなります。

最終回前は「俺とかかわるとみんな不幸になる……」とアニメや漫画で十代のキャラが言いそうなことを言い出し、もはや顔以外にいいところがない元春ではありますが、最終的にどんな結末を迎えるのでしょうか。

ちなみに大倉演じる役の中では比較的くたびれた感じが出ているシーンもあるものの、山の朝日に照らされるシーン、夜の海に入るシーンなど、自然とセットになるシーンではとんでもなく美しい。

NEXT|次ページ > 映画『窮鼠はチーズの夢を見る』…流され天然タラシ系クズ

続きを読むには、無料会員登録が必要です。

無料会員に登録すると、記事全てが読み放題。
記事保存などの便利な機能、プレゼントへのご招待も。

いますぐ登録