あなたに役立つ映画・ドラマのプラスαがあるメディア「シネマズプラス」

©cinemas PLUS Committee. All Right Reserved.

西野七瀬の魅力|「あな番」ブレイク以降の快進撃を追う|「ホットママ」配信記念


Amazon Prime Video独占配信ドラマ「ホットママ」より 

乃木坂46を卒業後、女優やモデル、タレントとして目覚ましい活躍を見せている西野七瀬。もはや彼女の名前をメディアで見ない日はなく、乃木坂46卒業メンバーのなかでは最も成功を収めていると言える。

特に女優としての成長は著しく、初のママ役に挑戦した「ホットママ」では、喜怒哀楽豊かな表情を見せ、女優としての新境地を見せており、2021年には『孤狼の血 LEVEL2』、『鳩の撃退法』など話題作への出演も控えている状況だ。

女優を中心に様々な場所で印象を残している西野七瀬の魅力を改めて紹介していく。

乃木坂46のイメージを作り上げた西野七瀬のアイドル像



乃木坂46の1期生として2011年に加入した西野は、デビューシングル「ぐるぐるカーテン」からラストシングルとなった「帰り道は遠回りしたくなる」までの全シングルで選抜入りを果たし、初のセンター曲「気づいたら片想い」を始め、「命は美しい」「インフルエンサー」など全7作においてセンターポジションを務め上げ、乃木坂46の絶対的エースとして活躍してきた。



そのため、加入当初から順風満帆の道のりを歩んできたと思われるかもしれないが、乃木坂46の中心的メンバーの中でも挫折を経験してきたメンバーでもある。

4thシングル「制服のマネキン」で前作では2列目だった西野は復帰したばかりの秋元真夏にポジションを押しやられるという形になり、一時期はアイドルを辞めることも考えるほど落ち込んだというのは有名なエピソードとしてファンの間では知られている。しかし、このエピソード以降の西野は覚悟を決めたのか、センターにまで上り詰め、乃木坂46の顔として存在感を発揮していく。



そして、乃木坂46に通底している「儚さ」というイメージを付与したという意味で西野が乃木坂46に残してきた功績は大きなものがある。

これは西野の「守りたくなる」というような性格によるもので、初期センターの生駒は「なーちゃんが乃木坂を変えたと思ってます。いまの乃木坂の儚いイメージを作り上げたのはなーちゃんなんですよ」(引用:「EX大衆」2018年5月号)、白石も「乃木坂46の持つ“儚さ”のイメージを形作ってくれた存在」(引用:「白石麻衣乃木坂46卒業記念メモリアルマガジン」)と西野に対して語っていることからも、彼女の存在がグループに与えた影響の大きさを痛感させられる。



確かに西野がセンターを務めるようになってからは、西野イメージがそのまま乃木坂46のイメージへと転写されていったという感覚がファン目線からも感じられる。決して主張しないけれど、周囲が気にかけたくなるようなアイドルとして西野は存在していた。それだけに、西野が女優として見せる様々な表情はいっそうインパクトを与えている。

全ての画像を見る
NEXT|次ページ > 「あな番」でブレイク!西野七瀬の女優遍歴

無料メールマガジン会員に登録すると、
続きをお読みいただけます。

無料のメールマガジン会員に登録すると、
すべての記事が制限なく閲覧でき、記事の保存機能などがご利用いただけます。

いますぐ登録