あなたに役立つ映画・ドラマのプラスαがあるメディア「シネマズプラス」

©cinemas PLUS Committee. All Right Reserved.

アラサー独身男性が本気で観た『映画クレヨンしんちゃん 謎メキ!花の天カス学園』


シリーズ通算29作目!『クレヨンしんちゃん』を本気で観てみた

1990年に連載が開始し、1992年から現在に至るまで、長きに渡り愛され続けている国民的人気アニメ『クレヨンしんちゃん』。

1993年から公開が始まった劇場版も、それ以降毎年公開され続けており、2021年7月30日に公開される今作でついに29作目。原作者である臼井儀人先生が亡くなってもなお、生み出されたキャラクターたちは今も変わらずに生き続けている。

放送初期においては、親が子供に見せたくないアニメ、PTAから多くの反感を買うアニメとして有名だったと思うのだが、いつしかそういった風潮も消え去った。その最たる理由として挙げられるのは、皆様ご存知の通り、劇場版の存在ではないだろうか。『河童のクゥと夏休み』『百日紅』などで知られる原恵一が監督した『嵐を呼ぶ モーレツ!オトナ帝国の逆襲』などを筆頭に、気付けば『映画クレヨンしんちゃん』=「泣ける」というイメージが定着し、今では親子で観に行くGW映画としての地位を確立した。

と、そういった基本的な情報だけは把握していながらも、僕自身は長らく『クレヨンしんちゃん』から離れていた身。放送初期は小学生だったこともあり、毎週食い入るように見ていたが、成長と共に「子供が見るアニメ」と捉え疎遠となり、劇場版に関しても、『嵐を呼ぶ モーレツ!オトナ帝国の逆襲』をTV放送で目にしたのがラスト。しんのすけ役であった矢島晶子さんの降板や、ひろし役であった藤原啓治さんの訃報も相まって、より一層『クレヨンしんちゃん』とは距離を置いていくことになった。

そんな僕が、今回仕事ということもあり、約20年振りに『映画クレヨンしんちゃん』を目にしたわけですが、正直恐れ入った。



まさかここまでとは思っていなかった。まず、個人的に一番懸念していた声優の変更についてだが、しんのすけを演じている小林由美子さんは、これまで矢島晶子さんが培ってきたしんのすけに極力寄せており、ひろしを演じている森川智之さんに関しても、これまで藤原啓治さんが培ってきたひろしに極力寄せているため、違和感は皆無。と言うより、そういった演技をできてしまうお二人の技量がスゴ過ぎた。ストーリーに関しても、現代社会における問題意識が色濃く反映されている点が秀逸であり、映し出されていく人間模様には、シンプルに心動かされた。というか、泣けた。

本記事では、日頃実写映画ばかりを目にしているアラサー独身男性の僕が、長らく離れていた『映画クレヨンしんちゃん』のどういった点に魅力を感じたのか、その圧倒的な面白さと奥深さの詳細を、実写映画を紹介する際と変わらぬ熱量で紹介させて頂きます。

全ての画像を見る
NEXT|次ページ > 面白おかしくありつつも、現代社会を色濃く反映させた物語

無料メールマガジン会員に登録すると、
続きをお読みいただけます。

無料のメールマガジン会員に登録すると、
すべての記事が制限なく閲覧でき、記事の保存機能などがご利用いただけます。

いますぐ登録

(C)臼井儀人/双葉社・シンエイ・テレビ朝日・ADK 2021