あなたに役立つ映画・ドラマのプラスαがあるメディア「シネマズプラス」

©cinemas PLUS Committee. All Right Reserved.

韓国通貨危機の裏を描いた『国家が破産する日』5月1日から Huluで独占配信



1997年の韓国の通貨危機を赤裸々に描いた衝撃の社会派映画『国家が破産する日』が、5月1日(土)からオンライン動画配信サービスHuluで独占配信(※)されることが決定した。
(※)定額制動画配信サービスにて

本作は、国家破綻までの残り1週間、危機を防ごうとする人と危機に賭ける人、そして会社と家族を守ろうとする人まで、1997年IMF(国際通貨基金))の通貨危機の中で互いに異なる選択をした人々のストーリーを 、史実をもとに描いたフィクション。主演のキム・ヘスはもちろん、ユ・アイン、ホ・ジュノなど、実力派が俳優が集結。さらに、フランスの国民的俳優・ヴァンサン・カッセルが共演したことでも大きな話題となった。

1987年の民主化と共に急速な経済成長を遂げた韓国。しかし、90年代に入り韓宝鉄鋼や起亜自動車などの大企業が不渡りを出し続けたことによってウォンが急下落し、国家破産まであと7日という未曾有の状況に陥りる。この非常事態にいち早く気づいたのが物語の軸になる人物、韓国銀行の通貨政策チーム長ハン・シヒョン(キム・ヘス)。彼女はこの危機的状況を国民に知らせるべきだと主張し、 IMFの介入を推し進める財政局次官のパク・デヨン(チョ・ウジン)と対立する。

そしてもう1人、この事態を察していた金融コンサルタントのユン・ジ ョンハク(ユ・アイン)は早々に会社を辞め、2人の顧客からの資金をもとにウォンの大暴落に投資して大儲け。一方、小さな町工場を営むガプス(ホ・ジュノ)は大量発注を受けた大手デパートが経営不振に陥り、紙切れ同然となった手形を握りしめ呆然と立ちつくす……。果たして、国家は、そして国民は生き残ることが できるのかー !? 



全ての画像を見る

続きを読むには、無料会員登録が必要です。

無料会員に登録すると、記事全てが読み放題。
記事保存などの便利な機能、プレゼントへのご招待も。

いますぐ登録

© 2018 ZIP CINEMA, CJ ENM CORPORATION, ALL RIGHTS RESERVED