あなたに役立つ映画・ドラマのプラスαがあるメディア「シネマズプラス」

©cinemas PLUS Committee. All Right Reserved.

『なんのちゃんの第二次世界大戦』レビュー:戦争への斬新かつ画期的な笑いと怒りのアンチテーゼ!

SHARE


■増當竜也連載「ニューシネマ・アナリティクス」SHORT

本作は平成最後の年の架空の街・関谷市を舞台に、太平洋戦争の平和祈念館を作ろうとする市長(吹越満)と、それに反対するBC級戦犯遺族の南野和子(大方斐紗子)おばあちゃんとの対立から始まります。

なぜ和子おばあちゃんは祈念館設立に反対するのか?

最初はこのような疑問が湧き上がっていきますが、そのうち映画は信じられないくらいにとんでもない方向へ、まるでジェットコースターに乗ってるかのようにアレヨアレヨと転がっていきます!



外来種の亀にお墓の石材、胴体から取れた少女像の首、選挙、整形、貴族ごっこ、イジメ、国際ボランティア、そしてもはや説明のつかないミラクル!

……などなどなど、一体何が起きているのか、まさに先行きが全く予測できないセンス・オブ・ワンダーな展開!

しかし、本作の基軸となる戦争がもたらす加害者と被害者の関係性、そして反骨の風刺&批判精神は何ら揺らぐことなく、さらには現代社会に対する怒りをこめての喜劇(まさに怒劇!)が繰り広げられていく!

戦争を題材にする作品は数あれど、こういった斬新かつ画期的な視点でアンチテーゼを成し得たものは、少なくともこれまでの日本映画には皆無だと断言できます。

新鋭・河合健監督が企画発案から出資集め、プロデューサー、脚本も兼任した若き熱意に満ち溢れた作品であるとともに、平成生まれならではの、昭和世代にはないユニークな発想による映像とドラマツルギーの融合に、まさに新世代の到来を体感!



キャストも最初から最後までずっと振り回されっぱなしの市長=吹越満の飄々としたユーモアが映画全体の根幹を成しつつ、対する南野家のおばあちゃんをエネルギッシュに演じる名優・大方斐紗子の貫禄たるや! 

そして彼女を筆頭とする家族の女性たち(高橋睦子、西山真来、北香耶)それぞれバラバラな個性の描出もお見事で、中でも孫娘マリー役の西めぐみちゃんの可愛らしくもヤンチャでクールな存在感は特筆すべきものがありました。

ついにこういった“戦争”映画が登場したか! といった感慨もさながら、戦後75年を越えて混迷の度を深め続ける令和の今の世にこそ見る側の胸に笑いと共に深く訴えかけてくる、本年度公開される日本映画屈指の傑作です。

これはまさに必見!

(文:増當竜也)

NEXT|次ページ > 『なんのちゃんの第二次世界大戦』作品情報

続きを読むには、無料会員登録が必要です。

無料会員に登録すると、記事全てが読み放題。
記事保存などの便利な機能、プレゼントへのご招待も。

いますぐ登録