あなたに役立つ映画・ドラマのプラスαがあるメディア「シネマズプラス」

©cinemas PLUS Committee. All Right Reserved.

2021-05-14

公開情報

細田守監督『竜とそばかすの姫』に、森川智之、津田健次郎、小山茉美、宮野真守が参戦!



細田守監督『竜とそばかすの姫』に、森川智之、津田健次郎、小山茉美、宮野真守といった、人気と実力を兼ね備えた豪華声優陣の出演が決定した。

本作は、幼い頃に母を亡くし、過疎化が進む高知の田舎町で父とふたりで暮らす17歳の女子高生・すずが、超巨大インターネット仮想世界<U>に、歌姫「ベル」として参加することから始まる。母の死をきっかけに歌うことができなくなっていたすずは、<U>では自然と自ら作った歌を披露することができ、その歌声で世界に注目される存在に。そんな矢先、ベルの前に<U>で忌み嫌われる竜の姿をした謎の存在が現れる。すず(ベル)と竜が出逢った先に一体どんな物語が待っているのか、竜の正体とはいったい…!?



今回解禁されたキャストは、超巨大インターネット世界<U>を彩る個性豊かなキャラクターたちを演じる。全世界で50億人以上が集う超巨大インターネット仮想世界<U>の中で、正義と秩序を守るジャスティン役をに、さまざまな声の仕事で第一線を走り続ける森川智之。<U>の秩序を乱す竜の正体を暴こうとする自警団・ジャスティスのリーダーで、竜の正体を暴くことを使命としているジャスティン役を、正義感あふれる声色で演じる。

また、低音のセクシーボイスで多くのファンを持ち、その整ったルックスから俳優としてもその存在感を発揮する津田健次郎も参戦。<U>で盛り上がる「竜の正体探し」の中で、候補にあがる、現代美術アーティスト・イェリネクを務める。さらに、演じ分ける役幅の広さから、“元祖・七色の声”として知られ、その抜きんでた演技力で、昭和から現在までのアニメ界を支えて続ける小山茉美が、同じく「竜の正体探し」で疑惑の人となる、豪邸に住む貴婦人・スワンを演じる。

そして、「竜の正体探し」を盛り上げるYoutuber・ひとかわむい太郎&ぐっとこらえ丸の二役を演じるのは、主役級の作品から、脇役まで数多くの作品で圧倒的な存在感を放ち、女性から男性まで多くのファンを魅了し続ける宮野真守。子役から俳優としても活躍し、歌手としても男性声優で史上初めてオリコンシングルランキング1位を獲得するなど、あらゆる方面でさまざまな才能を発揮している宮野が、『バケモノの子』に続き、細田作品2度目の出演を果たす。

コメント

森川智之:ジャスティン役

細田守監督の作品に出演できて、とてもうれしく光栄に思っております。監督とは同い年ということもあり、アニメ業界・声優業界の遍歴も同じ時代を歩いてきているので、とてもフィーリングが合いました。私が担当したジャスティンという役はストーリーの中でも特に異彩を放つ個性派のキャラクターの一人です。もちろん、とても注目されている作品でもあるので、否が応でも、演技に力が入りましたが、実際のアフレコは、監督との細かで、率直なディスカッションのもと楽しく収録できたので、完成が楽しみです。早く多くの皆さんに観ていただきたいです。

宮野真守:ひとかわむい太郎&ぐっとこらえ丸役

今回は、「バケモノの子」に続き、2度目の出演になります。なにより、お声がけいただいた事が、本当に本当に光栄です。そして今回は、「バケモノの子」の時の「一郎彦」とは、全然違う印象のキャラクターになります。「ひとかわむい太郎」と「ぐっとこらえ丸」です(笑)なんと、二役(笑)実際のアフレコでは、細田監督と、丁寧にディスカッションを重ね演じていき、宮野の新境地をかなり開拓してもらいました(笑)キャラクターのネーミングから、もう既に楽しい空気が伝わってきますが、どんな役柄になっているのかは、楽しみにしていてください。細田監督の作品は、深い「愛」と、前を向く「勇気」をもらえる物語。今作も、みなさまの心に、「温かい感情」が抱かれることでしょう。どうぞ、劇場でご覧ください。

ストーリー

高知の自然豊かな村に住む17歳の女子高生・すずは幼い頃に母を事故で亡くし、父と二人暮らし。母と一緒に歌うことが何よりも大好きだったすずはその死をきっかけに歌うことができなくなっていた。いつの間にか父との関係にも溝が生まれ現実の世界に心を閉ざすようになっていく。曲を作ることだけが生きる糧となっていたある日偶然にも、全世界で50億人以上が集う超巨大インターネット空間の仮想世界<U>に「ベル」というキャラクターで参加することになる。もうひとりの自分。もうひとつの現実。もう、世界はひとりひとつじゃない。すず<U>では自然と歌うことができた(ベル)は自ら作った歌を披露し続けていく内にあっという間に世界中の人気者になっていく。そんな驚きも束の間突如轟音とともにベルの前に現れたのは竜の姿をした謎の存在だった―。

作品情報

▼監督・脚本・原作                           
細田守                        
▼企画・制作
スタジオ地図
▼製作幹事
スタジオ地図有限責任事業組合(LLP)・日本テレビ放送網 共同幹事
▼映画公式ホームページ
ryu-to-sobakasu-no-hime.jp
▼映画公式twitter
@studio_chizu
▼映画公式Instagram
@studio_chizu
▼映画公式facebook
@studiochizu 
2021年7月 全国東宝系にて公開!
全ての画像を見る

無料メールマガジン会員に登録すると、
続きをお読みいただけます。

無料のメールマガジン会員に登録すると、
すべての記事が制限なく閲覧でき、記事の保存機能などがご利用いただけます。

いますぐ登録

© 2021 スタジオ地図