あなたに役立つ映画・ドラマのプラスαがあるメディア「シネマズプラス」

©cinemas PLUS Committee. All Right Reserved.

Q. SNSの怖さがテーマのNetflixオリジナル作品ってありますか?


Q. SNSの怖さがテーマのNetflixオリジナル作品ってありますか?

A. とても便利で楽しいSNSですが、恐ろしい側面も持っているということを常に頭の片隅に置いておく必要があります。

『なぜ殺したの?』



『事件現場から: セシルホテル失踪事件』



『猫イジメに断固NO!: 虐待動画の犯人を追え』



これらのNetflixオリジナルのドキュメンタリー作品は、いずれも殺人事件や動物虐待事件の犯人捜しを一般人がネット上で行っていたことが共通点。

SNSや匿名掲示板などを活用してネット上で私的に捜査活動を行う人々は、俗に“特定班”と呼ばれています。
なかなか重い腰を上げてくれない警察への不信感もその背景にあったようですが、中には不謹慎な“推理オタク”が含まれていることも。
難事件を警察よりも早く解決して、世間から注目を集めて評価されたいという承認欲求を持っている人々が一定数存在しているのです。

熱い正義感や下世話な好奇心など、特定班を突き動かすモチベーションはさまざまですが、いずれの場合も“人違い”で無実の人を窮地に追い込んでしまうリスクをはらんでいることも描かれています。

さらに、一歩間違えると特定班自身が恐ろしい犯罪者から逆にターゲットにされてしまうこともあるようです。
手のひらサイズのスマホからいつでもどこでも簡単にアクセスできるSNSは、重大な行動を“気軽に”“なんとなく”指先ひとつで起こしてしまう恐ろしさがあります。

スマホの向こうには生身の人間が生きていることに想像力を働かせることが、今私たちにもっとも要求されていることかもしれません。

なぜ殺したの? on Netflix
事件現場から: セシルホテル失踪事件 on Netflix
猫イジメに断固NO!: 虐待動画の犯人を追え on Netflix

(文:吉野潤子)

全ての画像を見る
NEXT|次ページ > 各作品紹介

無料メールマガジン会員に登録すると、
続きをお読みいただけます。

無料のメールマガジン会員に登録すると、
すべての記事が制限なく閲覧でき、記事の保存機能などがご利用いただけます。

いますぐ登録