海外ドラマ

REGULAR

2022年04月21日

<解説&考察>「ムーンナイト」第4話:脚本家、ついに暴走を始める。

<解説&考察>「ムーンナイト」第4話:脚本家、ついに暴走を始める。



>>>「ムーンナイト」画像を全て見る(8点)

マーベル・スタジオが送るドラマシリーズの最新作「ムーンナイト」が2022年3月30日より配信された。

『スター・ウォーズ』シリーズのオスカー・アイザック主演、マーベル作品としては異例のサイコスリラー調で描かれる本作は、まさしく、シリーズの新機軸である。睡眠障害を持つ冴えない博物館のギフトショップ店員・スティーヴン・グラントが遭遇する不可解な出来事。彼に秘められた才能と、「エジプト」「多重人格」というキーワードに隠された思わぬ秘密とは……。

本記事では、「ムーンナイト」第4話の魅力をマーベル好きのライターが紐解いていく。

>>>【関連記事】Disney+(ディズニープラス)の使い方|こういう人は絶対使うべき!

>>>【関連記事】「ムーンナイト」第1話レビュー:謎が謎を呼ぶダークヒーロー誕生譚

>>>【関連記事】「ムーンナイト」の原点?3人の監督による必見SF・社会派映画“5選”

ジャンル測定不能のストーリー



第4話は、過去のエピソード史上もっとも先が予想できないジェットコースター展開がてんこ盛りだった。

砂漠の遺跡を舞台に『インディ・ジョーンズ』シリーズや『ハムナプトラ』シリーズを彷彿とさせる宝探し映画的要素。「多重人格」という題材だけでなく、「入れ替わり」や「転生」系映画にも通ずる嫉妬が渦巻く恋愛要素。ヒロインの親に隠された死の真相から浮かび上がるミステリー要素。

1つのジャンルにとらわれない予想不可能な展開には目が離せず、情報量の多さからも一瞬で時間が過ぎてしまう内容だった。

しかし、何といっても、気になるのは終盤の衝撃展開である。

今回は、このラストを考察しつつ、今後の「ムーンナイト」の展開を予想していきたい。

>>>【関連記事】『グーニーズ』と合わせて観たい「宝探し映画」オススメ8選

※以降からは「ムーンナイト」第4話の結末における衝撃展開に触れています。未鑑賞の方は、観賞後に記事をご覧ください。

無料メールマガジン会員に登録すると、
続きをお読みいただけます。

無料のメールマガジン会員に登録すると、
すべての記事が制限なく閲覧でき、記事の保存機能などがご利用いただけます。

(C)2022 Marvel

RANKING

SPONSORD

PICK UP!