あなたに役立つ映画・ドラマのプラスαがあるメディア「シネマズプラス」

©cinemas PLUS Committee. All Right Reserved.

『モータルコンバット』の真田広之に燃えているうちに『リメインズ 美しき勇者たち』というタイトルの映画を思い出した!

SHARE


©2021 Warner Bros. Entertainment Inc.


2021年6月18日より公開のアメリカ映画『モータルコンバット』はずばり、真田広之の存在なしに語ることのできない一大格闘アクション作品です。

人気ゲームを映画化した本作の中、真田広之は白井流伝説の忍者ハサシハンゾウなる、ゲームファンにとって作品を代表する存在のキャラクターとして登場。

まずは冒頭10分すさまじいアクションを披露!

そう、真田広之といえば何と言ってもアクションです!

そしてX-MENやアベンジャーズなんかに負けないほどに、彼は本当に強いのだ!

今回の作品を見ながら久々にそのことを思い出すとともに、ふと“美しき勇者(たち)”というサブタイトルの映画が脳裏をよぎりました。

『リメインズ 美しき勇者たち』、もちろん真田広之主演のアクション映画です!

巨大熊とマタギの死闘を描く
千葉真一監督作品『リメインズ』



 『リメインズ 美しき勇者たち』は史上最悪の害獣事件とも言われる1915年の三毛別羆(サンケベツヒグマ)事件をベースにした、巨大グマとマタギたちの闘いを描いたものです。

舞台は大正末期の北国で、赤マダラと呼ばれる女性だけを食べる人喰い熊が現れて家族が惨殺される事件が起きました。

家族の中で唯一生き残った少女ユキ(村松美香)は復讐を誓い、赤マダラ退治に出発しようとする鋭治(真田広之)やベテランの嘉助(菅原文太)ら5人のマタギ衆についていくのですが……。

本作は真田広之の師匠でもある千葉真一が主宰するJACの創立20周年を記念して作られたもので、千葉が初監督を務めています(アクション監督は金田治)。

もともと千葉真一は信頼を寄せる深作欣二監督に演出を依頼しましたが、「せっかく20周年記念なんだから、お前が監督したほうがいい」と逆に監督を勧められ、このようになったとのこと。

深作欣二は企画監修というクレジットですが、実際の撮影現場にも立ち会い、エキストラの指導などB班監督的な役割も担っていたそうです。

そして真田広之。

既に1980年代半ば以降の彼はアクション作品のみならずドラマ作品にも積極的に出演し続けていて、本作の前は『怪盗ルビイ』(88)『どっちにするの。』(89)といったコメディにも挑戦していた時期でした(本作の後もコメディ『病院へ行こう』90に出演)。

その意味で本作は久々のアクション映画ともいえますが、むしろこの作品が公開された1990年に30歳の誕生日を迎えた彼の、それまでの俳優としてのキャリアをしのばせる若々しい貫禄を発露させたドラマとしてこそ屹立している作品であり、だからこそ千葉真一もアクション監督を兼任せず、ドラマ演出に専念したのでしょう。

(また女性ファンに言わせると、この映画の彼は非常に男の色香が漂っているとのこと!)

さらに今回、本作で真田広之は音楽監督にも挑戦し(劇中曲の作曲は大谷幸が担当)、主題歌も作詞・作曲するなど、俳優業のみならずスタッフとしての活動にも意欲を示しています。

ちなみにこの数年後に彼が主演した『EAST MEETS WEST』(96)の海外版を制作する際、監督の岡本喜八は真田のセンスを見込んで彼に再編集を要請し、見事にその任を果たしています。

全ての画像を見る
NEXT|次ページ > アクション=演技として活動し続ける真田広之

続きを読むには、無料会員登録が必要です。

無料会員に登録すると、記事全てが読み放題。
記事保存などの便利な機能、プレゼントへのご招待も。

いますぐ登録