あなたに役立つ映画・ドラマのプラスαがあるメディア「シネマズプラス」

©cinemas PLUS Committee. All Right Reserved.

『竜とそばかすの姫』レビュー:仮想空間の細田守版『美女と野獣』から導かれる現代少女のリアル

SHARE

©2021 スタジオ地図



■増當竜也連載「ニューシネマ・アナリティクス」

2021年7月16日より全国一斉公開される細田守監督作品『竜とそばかすの姫』を、いち早く鑑賞することが出来ました。

ほぼ3年に1本のペースでコンスタントに新作を発表し続ける頼もしい限りの細田監督ですが、本作は『サマーウォーズ』(09)以来のインターネットを題材にした作品であり、『時をかける少女』(06)以来の高校生少女を主人公にした作品であり、また彼と齋藤優一郎プロデューサーが立ち上げたスタジオ地図の10周年を迎えての作品として、実にこれまでの細田作品のエッセンスが詰まったものに仕上がっています。

公開前ゆえにネタバレ厳禁は当然として、今回は語れるところまで語ってみることにしましょう。

ネット上の仮想空間で
歌姫として人気を博すヒロイン

『竜とそばかすの姫』は細田守監督のオリジナルストーリーを映画化したものですが、彼が『サマーウォーズ』以降全てオリジナル企画の映画作品を発表し続けてきているのは、今の日本映画界の中では驚異的といってもいいでしょう(『時をかける少女』にしても、実は原作の後日譚的なオリジナル内容です)。

本作の舞台は自然の豊かな高知県の田舎町。

主人公の高校生すず(声/中村佳穂)は自分に自信が持てない内気な高校生で、歌が大好きにも関わらず、幼い頃に母を事故で亡くしたことがトラウマになって、今なお人前で歌うことが出来ません。

そんな彼女を、親友のヒロちゃん(声/幾田りら)がインターネット上の仮想空間〈U(ユー)〉に誘います。

〈U〉は全世界で登録アカウント数が50億を超える史上最医大のネット空間で、登録した人はその生体情報から独自の分身キャラクター〈As(アズ)〉が形成されますが、それは自分で自由に選ぶことのできない、その人の潜在能力をある意味強制的に具現化させたものでもあります。

そして〈U〉に登録したすずの〈As〉は、何と歌姫ベルでした。



そう、〈U〉の中であれば、すずはベルとして堂々と自由に歌を歌うことが出来るのです!

最初はおっかなびっくりだったものの、気がつくとフォロワー数はとんでもないほど膨れ上がっていき、瞬く間にベルは〈U〉屈指のカリスマ的存在と化していきます。

ついには数億の〈As〉の前で一大コンサートを開催!

しかしその途中、獣人の姿をした謎の〈As〉=竜(声/佐藤健)が突然現れて(というか、彼をつけ狙う“正義”の自警集団に追われて)、コンサートは滅茶苦茶になってしまいます。

ところがベルは、大勢から忌み嫌われている竜になぜか興味を覚えて接近し、彼もまた少しずつ彼女に心を開いていくようになるのですが……。



全ての画像を見る
NEXT|次ページ > 世界中のクリエイターを結集して形成された作品の世界観

続きを読むには、無料会員登録が必要です。

無料会員に登録すると、記事全てが読み放題。
記事保存などの便利な機能、プレゼントへのご招待も。

いますぐ登録