あなたに役立つ映画・ドラマのプラスαがあるメディア「シネマズプラス」

©cinemas PLUS Committee. All Right Reserved.

【映画VS原作】『君の膵臓をたべたい』それぞれ異なる感動ポイントとは?



映画と原作それぞれの魅力をひもとく連載「映画VS原作」。

今回の作品は『君の膵臓をたべたい』です。住野よるのベストセラー小説を浜辺美波・北村匠海主演で映画化したこの作品は、35億以上を売り上げるヒットとなった。 
本記事では、原作小説と実写映画について取り上げる。

この先、ネタバレを含みます。

原作のほうがよりひねくれていた「僕」



映画では北村匠海が「僕」のナイーブで皮肉っぽいところを見事に演じていたが、原作の「僕」のほうが独特な鼻につくひねくれた感じをより持っているかもしれない。実写映画の「僕」は、ちょっととっつきにくい感じはありながらも普通に見た目もいいし、なんだかんだいい奴だし、何で友達がいないんだろうという印象が少しある。

原作のほうが「これは友達いないな」感というか、いちいち癇に障る感じがよりあったと思う。だからこそ、そんな「僕」が桜良と接していくうちに惹かれ、彼女を失ったときに感情が揺れるに心打たれるかなとも思う。

映画の「僕」はより人として魅力があるので、どちらもアリだけど!

全く同じシーンで涙腺崩壊



小説を読んで映画も観たが、もらい泣きしてしまったシーンがまったく一緒だった。同じだという方も多いかもしれないが、桜良の死後「僕」が彼女の家を訪れ、共病文庫を読み終わった後

「お母さん、お門違いなのはわかってるんです。でもごめんなさい、もう泣いていいですか」

と言って泣くシーン。他人に興味がなかったし、「当事者が泣いていないのに第三者が泣くのはお門違いだ」というポリシーを持っていた「僕」。

そんな「僕」がこんな風に声を上げて泣くほど、彼にとって桜良が大事な存在になっていた。なのに彼女は死んでしまった。二重の意味で涙が止まらなかった。正直この小説・映画で、自分がこんなに泣くとは思っていなかった。

ちなみにこの部分の小説の表記に感情移入できなかったという声もあるが、「僕」の感情の動きは伝わったので、私はそんなに陳腐には感じなかった。


全ての画像を見る
NEXT|次ページ > 最大の違いとなった、映画独自の後日談(未来)

無料メールマガジン会員に登録すると、
続きをお読みいただけます。

無料のメールマガジン会員に登録すると、
すべての記事が制限なく閲覧でき、記事の保存機能などがご利用いただけます。

いますぐ登録

(C)2017「君の膵臓をたべたい」製作委員会