あなたに役立つ映画・ドラマのプラスαがあるメディア「シネマズプラス」

©cinemas PLUS Committee. All Right Reserved.

2022-03-13

渡部秀の“欲望”がこの作品を生んだと監督も絶賛『仮面ライダーオーズ 10th 復活のコアメダル』初日舞台挨拶詳細レポート



→画像ギャラリーはこちら(画像27点)

3月12日(土)、『仮面ライダーオーズ』の完全新作となるVシネクスト『仮面ライダーオーズ10th復活のコアメダル』が公開初日を迎え、東京・新宿バルト9にて初日舞台挨拶が行われた。

本作では 800年の眠りからよみがえった古代オーズによって人類が滅亡の危機に瀕する中、旅に出ていた火野映司が帰還し、レジスタンスとして戦う後藤慎太郎や伊達明、それをサポートする泉比奈や白石知世子と共に戦いを繰り広げるも人類の劣勢は揺るがない。そんな中、あの「割れたコアメダル」に異変が起こり...というテレビシリーズ最終話から10年後の世界が描かれる。

舞台挨拶には主要キャストの渡部秀(仮面ライダーオーズ/火野映司役)、三浦涼介(アンク役)、高田里穂(泉比奈役)、君嶋麻耶(仮面ライダーバース/後藤慎太郎役)、岩永洋昭(仮面ライダーバース/伊達明役)、本作のメガホンを取った田崎竜太監督(崎は「たつさき」が正式表記)が登壇し、本作への思いを語った。

10年で変わったもの、変わらないもの


冒頭の挨拶で「皆さん、お久しぶりです!」と明るく会場のファンに呼びかけた渡部は「ここまで来るのに長い時間がかかったんですが、ようやく、こうして皆さんの元にお届けできる日が来て感無量でございます。待ちに待ってくださった皆様のお顔を生で拝見することができて本当にうれしいです。ありがとうございます!」と、公開初日を迎えた喜びと、劇場に駆けつけたファンへの感謝を伝えた。

本作での自身の見どころについては、上映前なので内容に触れるのは難しいとしつつ、「とにかく映司という男は終始一貫しているというのはテレビ放映当時から思っていたので、映画を観て、パンフレットに書かれていることも含めていろいろと考えていただけたらうれしいです」と、テレビシリーズから一貫して変わらない映司が迎える結末について映画を見終わったあとにも考えてほしいとファンに呼びかけた。

本作撮影中の思い出深いエピソードについて渡部は「キャスト全員が集結する重要なシーンの撮影後に田崎監督が駆け寄ってきて『10年あったからできるお芝居、物語だね』って言ってくださった。その一言が今でも残っていますし、一生忘れない出来事ですね。その言葉だけで僕たちは色々なことを受け止めましたし、この映画がさらにブラッシュアップされていったんだなということで思い出に残っています」と、田崎監督からかけられた言葉を挙げた。

渡部から「監督、覚えてますか?」と問われた田崎監督は「もちろん覚えてます。テレビシリーズの第1話の撮影のときに現場で変身ポーズを一生懸命練習してたなぁとか、そんなことを思い出しながらそのシーンを撮りました。大事なシーンは、そのシーンが撮りたいからこそのストーリーだったりするし、それこそがお客さんに届けたいものだったりします。10年という月日を経て、『オーズ』というカンパニーがこれだけ成長したんですよというところを見ていただきたいと思っているので、あのシーンを撮れたのはうれしかった。監督冥利に尽きます。みなさんのおかげです」と、渡部にかけた言葉の真意を打ち明けた。


三浦は「皆様とお会いできるのをすごく楽しみに今日もやってまいりました。公開初日を迎えられて本当にうれしく思っています」と挨拶。「こういったご時世なので、こうして皆さんとお会いできるのも奇跡に近いことだと思います。こんなにたくさんの方たちにお会いできたことがうれしいです」と、大勢のファンの前で舞台挨拶に立てた喜びを伝えた。

自身の見どころについて聞かれると「う〜ん、ちょっと難しいな」と、上映前ということで言葉選びに苦慮しながらも「とにかく、心込めて演じさせていただきましたので、思う存分アンクを感じていただければと思っています」と、久々に演じたアンクに自信をのぞかせていた。


高田は、公開初日を迎えたことについて「やっと、遂に、この日が来たんだなという気持ちでいっぱいです。ずっとずっと、この日が来るのを楽しみにしていました。撮影は9月だったので、まだ半年しか経ってないんですが、(公開されるのは)まだかな、まだかなとずっと思っていました。こうして皆さんのお顔が見られて、私もうれしいです」と、ファンと同じように心待ちにしていたことを明かした。

本作での見どころについて高田は「この10年、比奈はどうしていたんだろう、何を考えていたんだろうと考えたときに、やっぱり『映司くん、元気かな?』とか『アンクに会いたいなぁ』という気持ちがずっとあったと思う。だから、この 2人ととのシーンは気持ちを込めて演じたいと思ったんです。(劇中で)アンクと比奈ふたりのシーンがあるんですが、雨が降って2回も撮影が飛んでしまって、やっと撮れたシーンということもあって個人的に観てもそのシーンが際立っているというか、比奈の内面の強さであったり、寄り添う力であったり、色々なものが出ているシーンだと思うのでそこが見どころです」と、10年後の姿を演じるにあたっての思いを振り返り、比奈の内面を表現したシーンに自信を見せた。


君嶋は「この話を初めて聞いたときに『それ、本当に実現するのかな?』というところから始まったので、(本当に作品が完成したことが)不思議な気持ちもありますが、公開初日を迎えられてうれしいです」と、10年という歳月を経てオリジナルキャスト・スタッフで作る新作という不可能と思えた作品が公開されたことへの複雑な心境を明かした。

本作の見どころについて君嶋は「10年前にやっていた作品なので、10年後に撮るにあたってテレビシリーズとは違う見え方や空気感が出たりするのかと思っていたんですが、10年前と変わらない『オーズ』が持つ空気感がそのままこの映画でも現れています。そこが見どころなんじゃないかなと思っています」と、10年経っても色褪せない『オーズ』らしさを挙げた。


完成披露舞台挨拶でもジョークで会場を和ませていた岩永は「ニッポンのみなさん、こんにちは。アイアンマン/トニー・スターク役のロバート・ダウニーJr.です」と自己紹介し、今回も冒頭の挨拶から会場を盛り上げる。

公開初日を迎えた思いについても「この作品を撮影するにあたり 2本ぐらいハリウッドの映画をお断りをして...、ギャラでいうと4〜5億円ぐらいなんですけど、それよりもやっぱり『オーズ』の方が大事なので参加しました。今日(ファンの)皆さんの笑顔を見ることができてうれしい限りです」と、ハリウッドスターネタを続けるも、渡部から「手、震えてるけど大丈夫なの?」とツッコミが入り、笑いをこらえていたことを打ち明ける。この劇中のコメディーパートのようなやり取りに会場は笑顔と大きな拍手に包まれていた。

本作の見どころについて岩永は「伊達は(10年前と比べても)そんなに変わってないかな。でも、バースチームの後藤ちゃんとはずっと一緒にいたわけじゃないんですが、当時よりも信頼感が増したのかなと思いながら演じていました。そこが伝わるか皆さんに観ていただいて判断してもらえたらと思います」と、10年経ってバディ感の増した伊達と後藤のコンビを注目ポイントとして挙げた。


田崎監督は公開初日を迎えた気持ちを「まさに感無量」と表しつつ、「さっき、きみじー(君嶋)が言ってましたが、本当に実現するのかっていうところからこの作品は始まりました。10周年の企画って他の作品でもありますけど、やっぱり俳優部さんの合意とやる気が伴わないと絶対成立しない企画なんです。今回に関しては秀くん(渡部)が第2?第3?のプロデューサーとして尽力してくれました」と、オリジナルキャスト再集結の立役者として渡部を称賛。

これに対して高田から「影のプロデューサーって言われてますよね」と合いの手が入ると、田崎監督も「影のプロデューサーっていうか、日なたのプロデューサーでもあるんだけどね」と返して会場の笑いを誘いつつ、「でも、本当だと思っています。秀くんのやる気、『オーズ』的に言えば“欲望”がこの作品を生んだと言っても過言ではありません。今日、皆さんのお顔を拝見して、現実に公開したんだなあと思うと共に、秀くんの思いの強さ、欲望の強さを感じました」と、テレビシリーズの終了から長い歳月を経て、それぞれの道を歩んでいるキャストを再び同じ作品に集めるという難題を実現へと導いた渡部の“欲望”の強さ称えた。


田崎監督の絶賛の言葉を受けて渡部は「僕はこんなに欲深かったんだなと思います(笑)」と照れながら、「でも、僕ひとりの力では成し遂げられなかったことです。この作品のお話をいただいた時点で、(キャストの)みんなに声をかけて意思確認をする中ですごく悩んで、みんなで『やろう!』と一致団結しました。今日、皆様のお顔を見て、進んでよかったなあと思っています」と、キャストみんなで決めたことだと謙遜しつつ、公開初日を迎え多くのファンが駆けつけてくれたことに胸をなでおろしているといった様子だった。

これに対し高田が「私は、秀くんがいなかったら、この映画はできていないと思っているので、ありがとうございます」と、渡部に感謝の言葉をかけると、田崎監督も「みんな、秀くんがやるなら自分もやる、っていう気持ちで集結してできた映画だと思っている」と、渡部が中心となっていたことを改めて称えた。

そこに岩永が「秀がいなかったら、ほんとにもう...。すみません、さっきここに出る前に(渡部から)ひとり五千円づつもらったんで褒めちぎります(笑)」と、オチをつけてまたしても会場を和ませる。

全ての画像を見る
NEXT|次ページ > 監督の目に映った本作の見どころとは...

無料メールマガジン会員に登録すると、
続きをお読みいただけます。

無料のメールマガジン会員に登録すると、
すべての記事が制限なく閲覧でき、記事の保存機能などがご利用いただけます。

いますぐ登録

(C)2022 石森プロ・バンダイ・東映ビデオ・東映 (C)石森プロ・東映