あなたに役立つ映画・ドラマのプラスαがあるメディア「シネマズプラス」

©cinemas PLUS Committee. All Right Reserved.

「八月は夜のバッティングセンターで。」第2話レビュー:「振らなきゃヒットも生まれない」臆病者を勇気づける、山﨑武司選手のフルスイング(※ストーリーネタバレあり)



→「八月は夜のバッティングセンターで。」第2話の画像ギャラリーへ

【関連記事】「八月は夜のバッティングセンターで。」第1話レビュー


テレ東が描く新感覚“ベースボール・ヒューマンドラマ”!
関水渚×仲村トオルW主演で、この夏開幕!

わけあって夏休みにアルバイトをすることになった17歳の女子高生・夏葉舞(関水渚)と「バットのスイングだけで、その人の悩みがわかる」と豪語する47歳の謎の元プロ野球選手(仲村トオル)。
二人がバッティングセンターに現れる女性たちの悩みを「野球論」に例えた独自の「人生論」で解決へと導いていく。

本記事では、そんな話題作の第2話をcinemas PLUSのドラマライターが紐解いていく。
 

「八月は夜のバッティングセンターで。」第2話レビュー



前回終盤で伊藤(仲村トオル)が元野球選手だと知った舞(関水渚)が突然先輩呼び&敬語になったが、伊藤に「気持ち悪いな」と言われ一瞬でオッサン呼び&タメ口に戻っていて笑った。

今回の悩める女性は天野佳苗(堀田茜)。美人で男性からの誘いは引く手あまただが、理想もプライドも高く誰のことも相手にしない。まず相手の駄目な部分を探して、近づくことを避けているようだ。前回もだが、悩める女性の同僚嫌なやつ多くないか? 「そのドレス派手すぎません?」「完全に男目的、必死に頑張った分なかなかきれいよ」とか言ってくる「えり好みしすぎ、完璧な条件の男性なんていないですよ」という意見はうなずけるけども。

実は、人気CMディレクターに近づくために新しいドレスをおろした佳苗。相手がモデルにデレデレしているところを見て諦めてしまう。さらに「あんなボウル球こっちから願い下げですよ! モデルだか何だか知らないけどデレデレしちゃってさ~。私そういう人無理なんですよね、もっと中身見れる人じゃないと」と悪く言う始末。同僚の男性が気遣って声をかけてくれるが「小山田かよ」と文句を言う。

言われたくないことを言われると「そういう価値観古いですよ」「女は結婚がすべてじゃないの」と反論するが、顔つきからして心穏やかじゃなさそうだ。周りの人へのあたりもきついし、美人だがあまり魅力的に見えない。

バッティングセンターでのプレイにもその性格は出ていて、バットを振らずに出てくる球に文句を言い続ける。マシーンの調整は完璧なのだが……。「新手の嫌がらせ?」「だとしたら斬新すぎるな」と舞と伊藤も困惑気味。

文句を言い続けて一度もバットを振らない佳苗に、伊藤が動いた。

「随分とせまいストライクゾーンだな。それだけ狭かったらどんな球でもボウルだろう」
「あんた自身が、狭くしてるんだぞ」
「その原因は、勇気のなさだ」

なんだかギクッとしてしまう言葉だ。勇気がなくてやらない理由を作っているとき、ある気がする。

「うるさい!」「黙って!」と怒る佳苗に
「聞いてみるか、俺の野球論」という伊藤(な、なんだこの人~!)。
「ライフ・イズ・ベースボール」を合言葉に、前回同様舞いわく「おっさん(伊藤)が没頭する世界」に入っていく。


急にバッターボックスに立つことになり、困惑する佳苗。
ピッチャーは甘めな球を投げてくれており、振れば当たるかもしれないのに佳苗は振らない。

「怖いんだからしょうがないじゃん。振れるんだったら最初から振ってるよ」
「無様に三振したらどうしようって、打ち損じたらどうしようってそれを想像すると怖いの」
「ホームランの保証がないと、今さら怖くて振れないよ」

ベンチに戻った佳苗に
「あの男のバッティングを参考にしたほうがいい」
「参考にするのは、勇気の出し方だ」
と語りかける伊藤。


バッターボックスに立ったのは、レジェンド山﨑武司選手。
三振を恐れずフルスイングし続ける山﨑。はじめは失敗し、外野に笑われる(このドラマに出てくる外野、本当にいつもムカつくな……)のも気にしない様子に「なんであんなかっこ悪いことができんの? 笑われても平気なの? なんで」

「本当にそう思うのか? あの気迫が、あの表情が、あの姿勢が本当にかっこ悪いと、あんたそう思うのか? 空振りしたっていいんだ。人生でど真ん中のストライクがする保障なんてどこにもない。勝手に自分のストライクゾーンを決めないで、思い切って振ってみなよ」

結果、山﨑はヒットを出した。球はバットの根っこに当たったが、フルスイングしていたためヒットにつながったのだ。
「勇気が、出塁につながるってことだよ」と言われ、ハッとする佳苗。

また今回もグッときてしまった。

山﨑武司選手についてさらに調べてみたが、何ともともとは三振を怖がる選手だったらしい。だが楽天時代に野村監督に「三振だろうといい当たりだろうとアウトはアウト。根拠さえあれば思い切って振ってくれればいい。ダメならまた次、考えればいいだろ」と言われたことで、三振を怖がらない思い切ったスイングができるようになったというのだ。さらに、それまでは来る球をただ打つタイプだったが、配球を読むようになったらしい。



「振らなきゃヒットも生まれないでしょう。まずは1回振ってみな」
もともとは佳苗と同じような悩みを抱えていた山﨑武司選手。笑顔でいう言葉に重みがある。つくづく、野球に詳しくないことをはじめて後悔している。

「まず振ってみるかな~」と、同僚男性と食事の約束をした佳苗。
初めてバットにボールが当たり、伊藤と一緒に大喜びする。
「振れば当たる! 振ってけ!」と大声で応援する伊藤を「暑苦しい」と言いながらうれしそうな表情でながめる舞。

舞がユニフォームを着て球を投げるシーンが回想される。
確かに彼女がやたら野球に詳しいのも、本人がやっていたからだと思うとうなずける。やることがなくなったというのは、何らかの原因で野球ができなくなったということなのか。

ラストシーン、憑き物が落ちたようなはつらつとした笑顔の佳苗が印象的だ。

→「Paravi」で第2話を見る

第2話ストーリー


広告会社に勤める天野佳苗(堀田茜)は、男性からの誘いが多数あるが誰のことも相手にしない。人気CMディレクターと接近するチャンスも、モデルと仲睦まじくする様子を見てその場から離れてしまう始末。ある夜、佳苗は夏葉舞(関水渚)と伊藤智弘(仲村トオル)が見守る中でバッターボックスに入るが、ストライクなのにクレームをつけては全て見送り。逃げてばかりの佳苗にしびれを切らした伊藤は、ある決定的な欠点を指摘する。

(文:ぐみ)

全ての画像を見る
NEXT|次ページ > 「八月は夜のバッティングセンターで。」作品情報

無料メールマガジン会員に登録すると、
続きをお読みいただけます。

無料のメールマガジン会員に登録すると、
すべての記事が制限なく閲覧でき、記事の保存機能などがご利用いただけます。

いますぐ登録

Copyright © TV TOKYO Corporation All rights reserved. Copyright © BS TV TOKYO Corporation All rights reserved.