あなたに役立つ映画・ドラマのプラスαがあるメディア「シネマズプラス」

©cinemas PLUS Committee. All Right Reserved.

「明日カノ」最終話:実写化は難しい挑戦だった。“カノジョ”たちに賛辞を送りたい



>>>「明日、私は誰かのカノジョ」の画像を全て見る

累計発行部数300万部突破したをのひなおの人気漫画「明日、私は誰かのカノジョ」(マンガアプリ「サイコミ」で連載中)がMBS/TBSドラマイズムにてドラマ化。2022年4月12日放送スタートした。

悩みを抱えて生きる5人の少女を描いた本作。一週間に一回レンタル彼女としてお金を稼ぐ「雪」や、孤独を抱えて寂しさを男で紛らわす「リナ」、見た目に固執して整形を繰り返す「彩」、周りに流されず、“自分”を持っていると語る「萌」、夜の街で“今”を生きる「ゆあ」らが各章で主人公となり物語が進む。

本記事では、最終回となる第12話をcinemas PLUSのドラマライターが紐解いていく。


「明日、私は誰かのカノジョ」をDisney+ (ディズニープラス)で視聴する

>>>【関連記事】<明日、私は誰かのカノジョ>最終回までの全話の解説

>>>【関連記事】“明日カノ”吉川愛インタビュー「作品への理解と自分らしさ、どちらも大切にしたい」

>>>【関連記事】「カラフラブル〜ジェンダーレス男子に愛されています。」第10話までのネタバレ感想

「明日、私は誰かのカノジョ」第12話レビュー

をのひなおの漫画『明日、私は誰かのカノジョ』の実写ドラマが最終回を迎えた。

「今、この東京でたった一人生きていくためにどれだけのお金が必要か。恵まれた環境か、強い意志。そのどちらかがなければ、普通の生活さえままならないのが現実」

思えば、第1話のこのナレーションから既にドラマの成功は決まっていたようなものだ。若者から絶大な支持を受けている漫画の実写化。さらには、レンタル彼女・パパ活女子・整形依存症・ホス狂など、メディアでもセンセーショナルに取り上げられ、世間から嘲笑の眼差しを向けられやすい彼女たちを主人公に据えたドラマを作るのは挑戦だったと思う。

一歩間違えれば、ただ人気だから実写化してみただけの安易で、差別的なドラマになりかねなかったはず。でも本作は脚本からキャスティング、実際に選ばれた俳優さんの演技に至るまで、これ以上ないくらい原作をリスペクトした最高の実写化だった。

特に雪(吉川愛)を主人公とした「レンタル彼女編」を、他の章が一旦ひとくぎりした最終回で完結させる構成がいい。リナ(横田真悠)、彩(宇垣美里)、萌(箭内夢菜)、優愛(齊藤なぎさ)。カノジョたちが自分の答えにたどり着くまでのプロセスを、雪は最終話で見せてくれた。

第12話では、レンタル彼女の雪と、客の一人である壮太(楽駆)が温泉旅行に出かけた。雪に想いを寄せる壮太はあわよくば、という気持ちがあるからはしゃぐ気持ちを止められないが、雪はあくまでもレンタル彼女として振る舞う。

そんな雪に改めて告白をする壮太。支えたい、守りたい。一体、彼はどの立場からその言葉を雪に向けているのだろう。壮太は雪を尊重しているようで全くしていない。

結局はレンタル彼女でお金を稼いで学費や生活費を払っていること、母親からのネグレクトがきっかけで火傷の痣が残っていること。それらすべてを総合して、彼は雪のことを“可哀想”だと思っているのだ。生きていくために何が必要かを判断し、自分で道を選び取った主体的な存在とはみなしていない。

「明日カノ」の主人公たちは、たしかに人より壮絶な人生を歩んでいる。可哀想だな、悲惨だなと思う瞬間がないわけではない。だけど、カノジョたちを目で追っているうちに自然とそんな気持ちはすぐに消え去る。

家庭環境、生まれ持った才能、容姿、人から愛される力…何もかも足りないものだらけの最悪な人生。だけど、それでも、自分は自分と離れることができない。だったらせめて、少しでも好きだと思える自分になるために、もがいてやる。そんな強さを持ったカノジョたちを、可哀想だなんて少しも思わない。

雪は普通の幸せな家庭で育ち、普通の学生生活を送り、普通に壮太と出会って恋をする人生を想像する。そうだったらいいのにと思いつつ、浮かぶのは「でもそれって私なの?」という疑問。もはやそれは雪ではなく、別の誰かだ。

「この窮屈な世界で少しでも生きたいように生きていくために、私は、私の足で歩いていく。だから今日も、私は誰かのカノジョになる」

答えに辿り着いた雪は壮太と決別し、レンタル彼女を続ける。リナは何かに依存することをやめ、モデルという自分の道を進む(これはドラマオリジナルの展開だが、パパ活依存ENDより救いがあってよかった)。彩は相変わらず整形するためのお金を稼ごうとしているし、優愛は新しい担当ホストに入れ込んでいる。そういう二人の、どんなに非難されようと己の道を行く逞しさが好きだ。

そして、萌は美容学校に進学。もうアドトラックに映ったNo.1の楓(高野洸)を見ても、過去のことだと笑える(楓が二重になっているところまで再現しているのは本当にすごかった!)。

生きることを続けていくためには、少しでも自分を好きでいられる選択を。たとえ、親切な顔で見下してくる人がいたとしても「吐き気がする正論ばっかShut up!」と吐き捨て、自分の足で、自分の向かいたい場所に歩いていくカノジョたちに賛辞を送りたい。

(文:苫とり子)



「明日、私は誰かのカノジョ」をDisney+ (ディズニープラス)で視聴する

>>>【関連記事】<明日、私は誰かのカノジョ>最終回までの全話の解説

>>>【関連記事】“明日カノ”吉川愛インタビュー「作品への理解と自分らしさ、どちらも大切にしたい」

>>>【関連記事】「カラフラブル〜ジェンダーレス男子に愛されています。」第10話までのネタバレ感想

全ての画像を見る
NEXT|次ページ > 「明日、私は誰かのカノジョ」第12話ストーリー

無料メールマガジン会員に登録すると、
続きをお読みいただけます。

無料のメールマガジン会員に登録すると、
すべての記事が制限なく閲覧でき、記事の保存機能などがご利用いただけます。

いますぐ登録

(C)「明日、私は誰かのカノジョ」製作委員会・MBS