あなたに役立つ映画・ドラマのプラスαがあるメディア「シネマズプラス」

©cinemas PLUS Committee. All Right Reserved.

『GのレコンギスタⅢ 宇宙からの遺産』レビュー:富野由悠季監督ならではの“映画”を濃縮させた世界観

(C)創通・サンライズ



■増當竜也連載「ニューシネマ・アナリティクス」

2021年7月22日より『GのレコンギスタⅢ 宇宙からの遺産』の全国ロードショーが始まりました。

1979年のTV「機動戦士ガンダム」に始まる壮大なガンダムシリーズの中、ガンダムの原作者である富野由悠季が総監督・脚本を手掛けたTV「ガンダム Gのレコンギスタ」(14~15)全26話を5部作に再編集(&新作カットも挿入)してお届けする劇場版映画シリーズ、その第3弾。

今回はちょうどドラマの折り返し地点にあたり、その後のクライマックスへ突入していく上でも重要なパートになるので、シリーズ・ファンは見逃し厳禁のものとなっています。

地球内外の勢力が入り乱れる中
明かされる衝撃の事実



『Gのレコンギスタ』の舞台となるのは、かつての宇宙戦争によって多くの科学技術や知識が失われたものの、地球上の全エネルギー「フォトン・エネルギー」を供給する軌道エレベータ「キャピタル・タワー」を支えに、少しずつ再興の兆しを見せていたR.C.(リギルド・センチュリー)1014年。

ある日、キャピタル・タワーの防衛を目的とする組織「キャピタル・ガード」の候補生ベルリ(声:石井マーク)は、謎のMS「G-セルフ」でタワーを襲撃した宇宙海賊の少女アイーダ(声:嶋村侑)と出会います。

いつしか彼女の行動に巻き込まれていくベルリは海賊部隊の母艦「メガファウナ」に乗船してG-セルフのパイロットになり、キャピタル・ガードから派生した軍事組織「キャピタル・アーミィ」の攻撃を幾度も退けていきます。

そんな中、大国「アメリア」が宇宙艦隊を編成し、キャピタル・タワー制圧のために出撃。

実はアメリア軍の隠密部隊であった宇宙海賊も、それに追従します。

大気圏外で繰り広げられる激しい戦いのさなか、アメリア軍が、続いてキャピタル・アーミィとメガファウナが、キャピタル・タワーの最上部ザンクト・ポルトに到達して……。

といったところまでが『GのレコンギスタⅠ 行け!コアファイター』(19)『GのレコンギスタⅡ ベルリ撃進』(20)の大筋。

そして今回の『GのレコンギスタⅢ 宇宙からの遺産』ですが、まずはザンクトポルトにいるアメリア軍がスペースコロニー国家「トワサンガ」の攻撃を受けます。

それは、トワサンガが地球への帰還をめざす「レコンギスタ作戦」を開始したためでした。

ザンクトポルトで地球内外の4勢力が結集し、それぞれが権利を主張して意見を戦わせていく中、アイーダとベルリはトワサンガを目指し、そこでふたりに関する衝撃の事実が明かされます……。
 
全ての画像を見る
NEXT|次ページ > 説明台詞の域を優に超えた リズム&ケレンの富野作品

無料メールマガジン会員に登録すると、
続きをお読みいただけます。

無料のメールマガジン会員に登録すると、
すべての記事が制限なく閲覧でき、記事の保存機能などがご利用いただけます。

いますぐ登録