あなたに役立つ映画・ドラマのプラスαがあるメディア「シネマズプラス」

©cinemas PLUS Committee. All Right Reserved.

【映画VS原作】『バクマン。』漫画の凄さを再確認できるエッセンスをぎゅっと濃縮した映画は必見!!



→『バクマン。』画像ギャラリーへ

2021年10月に、鈴木拡樹、荒牧慶彦のW主演で舞台化されることが発表され、改めて注目を集めている「バクマン。」

映画化、舞台化、アニメ化、ハリウッドリメイクなど展開を見せ、一大大ヒットタイトルとなった「デスノート」の原作・大場つぐみ、漫画・小畑健のコンビが、その次に選んだのは週刊少年ジャンプで売れっ子漫画家を目指す二人の高校生コンビの話「バクマン。」でした。

原作バクマンの凄さ!!



「デスノート」でも特徴となっていたロジカルでテクニカルな論法を展開しながら、ジャンプを代表する人気漫画家となっていく漫画界の内幕を描いた「バクマン。」は大ヒット作となり、3シーズンに渡ってアニメ化もされました。

この“ジャンプ内ジャンプモノ” “超メタフィクションモノ”な作品を週刊少年ジャンプ誌上で連載、しかもコミックス20巻の長期連載作品として成り立たせるというのだから、「バクマン。」という作品はものすごく実験的で、挑戦的な作品だったと言えます。

映画も大ヒット!!



そんな「バクマン。」が実写映画化されたのは2015年。その前年の『るろうに剣心 京都大火編』『伝説の最期編』で火花を散らした佐藤健と神木隆之介が、主人公である高校生漫画家コンビの真城最高(サイコー)と高木秋人(シュージン)を演じました。

監督は2011年に初監督作品『モテキ』を大ヒットさせ、コミックの映像化に成功した大根仁監督。『バクマン。』では脚本も担当しています。

劇中の音楽と主題歌「新宝島」をサカナクションが担当したことも話題になりました。



最終的に、映画『バクマン。』は17.6億円の興行収入というスマッシュヒットを記録しています。

主演の佐藤健、神木隆之介の二人に加えて、ライバルの天才漫画家・新妻エイジを染谷将太が演じたほか、ヒロインに小松菜奈、ライバルとして切磋琢磨していく漫画家たちに桐谷健太、新井浩文、皆川猿時。さらに、サイコーの叔父に宮藤官九郎、編集者役に山田孝之、リリー・フランキーと言った一癖も二癖もある豪華キャストが揃っています。

 『バクマン。』漫画家コンビが主役の物語ですが、要所を抑える編集者役の山田孝之、リリー・フランキーの好演もあって、ハイテンションな映画であるとともに、実に堅実な“お仕事映画” “職業映画”としても観ることができます。

全ての画像を見る
NEXT|次ページ > 重要なエッセンスだけを見事に抽出した大胆な脚色

無料メールマガジン会員に登録すると、
続きをお読みいただけます。

無料のメールマガジン会員に登録すると、
すべての記事が制限なく閲覧でき、記事の保存機能などがご利用いただけます。

いますぐ登録

(C)2015映画「バクマン。」製作委員会