あなたに役立つ映画・ドラマのプラスαがあるメディア「シネマズプラス」

©cinemas PLUS Committee. All Right Reserved.

2021-08-07

あの日本映画から特撮ヒーローまで!?『ヴェノム』と意外な繫がりがある作品5選

今年、続編の公開が予定され、つい先日には最新予告が公開。
8月7日には、ついに地上波で初放送となった『ヴェノム』。

『ヴェノム:レット・ゼア・ビー・カーネイジ』予告


今回は、そんなアメコミ原作のダークヒーロー映画『ヴェノム』と意外な関わりを持った5つの作品をご紹介。

『ヴェノム』の存在を一躍世に知らしめた人気シリーズの第3作や意外な共通点が多い日本映画、さらには間もなく放送が開始される最新特撮ヒーローの存在まで、幅広い作品をご紹介していきます!


その1:『スパイダーマン3』



ヴェノムが映画デビューを飾ったのは、日本でも71億円を超える大ヒットとなった『スパイダーマン3』でした。
原作で人気ヒーロー・スパイダーマンの悪役として登場した彼だけに、映画での初登場も彼を苦しめる極悪な敵キャラクターという形になっています。

本作で、ヴェノムに変身することになったのはトファー・グレイスさんが演じたエディ・ブロックJr.
『ヴェノム』の主人公と同名のキャラクターではありますが両作は独立した作品であるため、新聞記者という設定以外は異なる部分が多いです。

ちなみに『ヴェノム』のスピンオフ映画化企画は『スパイダーマン3』が公開された直後からスタートしたと言われています。

当初は続編として脚本が執筆されていた『ヴェノム』ですが、新シリーズ『アメイジング・スパイダーマン』の始動や、その後のMCU版スパイダーマンの製作など本流シリーズが激しく変動したため、現在のような単独作品が製作されることになったようです。


その2:『ライフ』(2017)



国際宇宙ステーションに搭乗している宇宙飛行士たちが惑星探査機から未確認生命体を発見したことで、一人また一人と襲われていく恐怖を描いたSFパニック映画が『ライフ』。

本作にも『ヴェノム』との大きな繋がりは感じられます。

というのも、『ライフ』の脚本を担当したレット・リース&ポール・ワーニックさんは『ヴェノム』映画化企画において、初期段階で脚本を担当していたコンビ。

そのため、物語のプロットには類似点がみられるほか、公開前の予告映像には『スパイダーマン3』の劇中映像が再利用されており、それに気づいたファンが「『ヴェノム』の前日譚なのでは?」と噂したことも……。

実際には『ヴェノム』本編とは全く関わりのなかった本作ですが、過去に報道されていた初期段階の『ヴェノム』の物語(寄生生物が人々へ飛び移り、寄生された人物が凶暴化して人を襲うもの)を考えると一致している部分も多く、筆者は、この脚本を再利用したものが本作なのではと推測しています(あくまで個人の推察です)。

その3:『寄生獣』


『ヴェノム』では、公開前の予告編とは異なり、寄生生物と主人公のコミカルなバディ要素が観客の心を鷲掴みにしました。

その点においては、同じく謎の寄生生物・ミギーと高校生・新一の奇想天外なバトルアクションを描いた『寄生獣』も『ヴェノム』に通ずる作品と言えるでしょう。

1990年代、『月刊アフタヌーン』で掲載されたのち、約20年の歳月を経て、ついに実写映画版が実現した本作。
実は、これまで実写化に関する権利はハリウッドが保持しており、その契約期間が切れたタイミングに、念願の日本での映像化が実現したという経緯があります。

映画『ヴェノム』では、原作以上に宿主・エディに対する人懐っこい部分が強調され、日本のファンからは"ど根性ガエル"とも称されていたヴェノム。

その描写には『寄生獣』におけるミギーと高校生・新一の不思議な関係性が影響を与えているのかもしれません。


全ての画像を見る
NEXT|次ページ > 続いて、その4は

無料メールマガジン会員に登録すると、
続きをお読みいただけます。

無料のメールマガジン会員に登録すると、
すべての記事が制限なく閲覧でき、記事の保存機能などがご利用いただけます。

いますぐ登録