あなたに役立つ映画・ドラマのプラスαがあるメディア「シネマズプラス」

©cinemas PLUS Committee. All Right Reserved.

2021-08-14

『ザ・スーサイド・スクワッド“極”悪党、集結』はアメコミ知識ゼロで楽しめる痛快作だった


『ザ・スーサイド・スクワッド“極”悪党、集結』の画像ギャラリーへ


DCコミックスのヴィラン=悪役だけを集めた、ならず者集団“スーサイド・スクワッド”の活躍を描く映画第2作『ザ・スーサイド・スクワッド“極”悪党、集結』。

2016年の『スーサイド・スクワッド』以来、2度目の映画作品となりましたが、いざ、本作を見てみると、前作の知識はもちろんアメコミ知識も全くなしで、シンプルに楽しめる娯楽アクション大作となっていました。

これは偏にジェームズ・ガンという異端児を監督に迎えられたことによる部分が大きく、またマーベルに戻っていってしまいましたが、今一つ弾けきれないDCコミックス映画にはこんな劇薬が必要なのだと気づかせてくれたジェームズ・ガンの功績は、とても大きく、これからもDCコミックスの方に来てくれないかなと期待するばかりです。

全てはジェームズ・ガン降板騒動から始まった



ジェームズ・ガン。Z級映画の製作で知られるトロマ・エンターテインメントで、そのキャリアをスタートさせ、『スクビー・ドゥー』や『ドーン・オブ・ザ・デッド』のシナリオを担当してメジャーの仕事もこなすように。

そして当時、大抜擢と騒がれたマーベルコミックの大作『ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー』を監督。

それまでのアイアンマンやキャプテン・アメリカに比べるとマイナーな原作であることに加えて、当時はまだ無名に近かったキャストが並び、MCU=マーベル・シネマティック・ユニバース作品で最も苦戦するだろうとされていた『ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー』。

しかし、蓋を開ければ、北米で3億ドルを超える大ヒットを記録。世界的にもヒットは拡がり、ロバート・ダウニー・ジュニアが「マーベル史上最高の映画」と評価するほどの大成功作品となりました。

この成功で圧倒的な発言権を持ったジェームズ・ガンは、茶目っ気たっぷりな続編『ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー:リミックス』を監督したほか、『アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー』『エンドゲーム』の2作品の製作総指揮も務めました。

『ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー』の第3弾の監督もジェームズ・ガンが当然務めるものと思われていました。

ところが、2018年に、過去にTwitterで不謹慎なジョークを繰り返していたことが取り上げられ、ジェームズ・ガンは謝罪したものの、そのままディズニー&マーベルはジェームズ・ガンを解雇します。

解雇に反発した『ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー』のメインキャストのクリス・プラット、ブラッドリー・クーパー、ゾーイ・サルダナ、ヴィン・ディーゼル、マイケル・ルーカ―、カレン・ギラン、デイヴ・バウティスタが解雇を非難するコメントを発表、ジェームズ・ガンの復帰を求める運動がはじまりました。

復帰を求める運動の結果、2019年にはジェームズ・ガンの監督への復帰が決定されました。

しかし、この一連の騒動で『ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー』第3弾のプロジェクトは停滞、新型コロナウィルス感染拡大も重なり、現場は止まり続けることに。

そんな中で“身体の空いていた”ジェームズ・ガンに新作の監督を依頼してきたのが、なんとマーベルコミックのライバルであるDCコミックスでした。

しかもDCコミックスが持ち込んだ作品案は『スーサイド・スクワッド』の続編という話。

もともとは2016年版の監督を務めたデヴィッド・エアーが続投する予定でしたが、方向性の違いから降板。その後監督候補が浮かんでは消えを繰り返し、一説にはなんとメル・ギブソンに託すというアイデアもあったとか…。

そんな中で、『ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー』というサブカルチャー要素とブラックな笑いをファミリー映画にうまく落とし込んでみせたジェームズ・ガンの解雇騒動の話が漏れ伝わってきます。

そこで、思い切って“かなりに好きにやっていい”ことを条件に『スーサイド・スクワッド』の新作映画をジェームズ・ガンに託すことになりました。
 
全ての画像を見る
NEXT|次ページ > ヒーロー映画を口実にやりたい放題の本作

無料メールマガジン会員に登録すると、
続きをお読みいただけます。

無料のメールマガジン会員に登録すると、
すべての記事が制限なく閲覧でき、記事の保存機能などがご利用いただけます。

いますぐ登録