あなたに役立つ映画・ドラマのプラスαがあるメディア「シネマズプラス」

©cinemas PLUS Committee. All Right Reserved.

2021-09-04

「サ道2021」第9話レビュー:背徳のラブホサウナでととのう(※ストーリーネタバレあり)



「サ道2021」画像ギャラリーへ

【関連記事】「サ道2021」第1話レビュー:サウナにもコロナ禍直撃! そこから伝えるものとは?

【関連記事】「サ道2021」第2話レビュー:サウナには雑念や仕事の愚痴を消す効用あり! 錦糸町・黄金湯に早くイキタイ

【関連記事】「サ道2021」第3話レビュー:サウナは異なる道を歩む男たちの溝だって埋めてくれる

【関連記事】「サ道2021」第4話レビュー:人生もサウナも同じ。「人それぞれ」が一番大事

【関連記事】「サ道2021」第5話レビュー:“サウナの世界遺産”はおじさんたちを癒やし続ける

【関連記事】「サ道2021」第6話レビュー:そうだ、京都の銭湯サウナに行こう(コロナが落ち着いたら)

【関連記事】「サ道2021」第7話レビュー:震災に負けずに受け継がれた神戸サウナ

【関連記事】「サ道2021」第8話レビュー:今、サラリーマンを描くにはサウナが最適の舞台?

テレビ東京はドラマ25枠で、「サ道」の新シーズンを放映する。
出演は、前作に引き続き原田泰造・三宅弘城・磯村勇斗が決定。今回、“ディスタンスと継承”をテーマとし、様々な距離をこえて受け継がれていくものを描く。

本記事では、第9話をcinemas PLUSのドラマライターが紐解いていく。

「サ道2021」第9話レビュー

「ここに通っていることは、人には言えない。ここは、誰も知らない秘密の場所」

「サ道2021」第8話に永山絢斗登場! しかし、「『秘密の場所』独りきりでととのう」は複雑な味わいのエピソードだった。

いつも以上に上機嫌なナカタアツロウ(原田泰造)。どうやら「秘密の場所」で何かを楽しんでいるらしい。答えはもちろんサウナ。しかも、ラブホテルのサウナに独りで通っていたのだ。

もうひとり、同じラブホテルのサウナに通っている男がいた。アダチ(永山絢斗)だ。彼は「サウナがあるから、仕事が頑張れる」とまで言うサウナ愛好家。だが、妻(加弥乃)と幼い子の手前、サウナに行くことを控えていた。だが、どうしてもサウナに行きたくなったアダチは、調べて見つけた“ラブホサウナ”にハマってしまう。冒頭のセリフもアダチによるもの。小さな家で妻子とともに暮らすアダチにとって、“独りきり”でサウナを心ゆくまで満喫できるラブホサウナはかけがえのない時間だったのだろう。彼が言う「背徳感」もハマってしまった一因なのかもしれない。

劇中に登場するのは町田のホテル「ラブフェアリー」。サウナーの間では有名なホテルで、サウナポータルサイト「サウナイキタイ」を見ると、多くのサウナーたちがこのホテルでの「サ活(サウナレポート)」を記している。なお、セルフロウリュができるサウナ付きの部屋は401一室のみ。

仕事も家事も育児も頑張ると言いつつ、毎日のようにラブホサウナへ通い詰めるアダチ。しかし、いくら唯一の楽しみとはいえ、勝手すぎる。妻は家で子どもの面倒を見ているのに、夫だけラブホサウナを堪能しているわけだから。料金は2時間で4620円だから、けっして安くはない。最後はラブホ通いが妻にバレて、アダチは家を追い出されてしまう。当然の報いだろう。でも、あのラブホサウナ、すごく楽しそうだったなぁ……。

(文:大山くまお)

「サ道2021」第9話ストーリー



いつものように「サウナ北欧」に集まりサウナを楽しんでいたナカタアツロウ(原田泰造)・偶然さん(三宅弘城)・イケメン蒸し男(磯村勇斗)だったが、普段より機嫌が良く様子がおかしいナカタの姿に2人は不審に思っていた。問い詰めてみると、“秘密の場所を見つけた”と話すナカタ。その時、困惑するイケメン蒸し男に偶然さんが見せた1枚の画像には衝撃の姿が…!
さらに、その秘密の場所にはもう一人、通い詰めている男・アダチがいて…。

全ての画像を見る
NEXT|次ページ > 「サ道2021」作品情報

無料メールマガジン会員に登録すると、
続きをお読みいただけます。

無料のメールマガジン会員に登録すると、
すべての記事が制限なく閲覧でき、記事の保存機能などがご利用いただけます。

いますぐ登録

(C)「サ道2021」製作委員会