あなたに役立つ映画・ドラマのプラスαがあるメディア「シネマズプラス」

©cinemas PLUS Committee. All Right Reserved.

2021-08-20

その他

映画『ヒロアカ WHM』何度でも楽しめる「7つ」のポイント



>>>『僕のヒーローアカデミア ワールド ヒーローズ ミッション』画像を全て見る(28点)

2014年に「週刊少年ジャンプ」で連載開始して以来、コミックスシリーズは世界累計5000万部を超える人気を集め続けている「ヒロアカ」こと「僕のヒーローアカデミア」。テレビアニメや劇場版、さらには原画展まで大盛況で、2021年8月6日に公開された劇場版第3作『ワールドヒーローズミッション』はヒロアカ歴代映画シリーズNo.1の大ヒットを記録しています。

今回はヒロアカならではの魅力&尊さがたっぷり詰め込まれた『ワールドヒーローズミッション』の見どころを紹介したい。

※本記事はネタバレを含むので、未鑑賞の方はご注意ください。

>>>【関連記事】『劇場版 呪術廻戦 0』何度も観たくなる「4つ」の理由

>>>【関連記事】アニメ「進撃の巨人」で押さえたい「5つ」のポイント

>>>【関連記事】『劇場版 呪術廻戦 0』エヴァのシンジくんが転生した夢小説として観た感想

1:爽快&大迫力なアクションシーン



ヒロアカの劇場版といえば、超絶スケールのアクションシーンが魅力。劇場版の過去2作『2人の英雄』や『ライジング』のアクションも迫力満点だったが、『ワールドヒーローズミッション』のアクションシーンは予想のさらに上をいく大迫力だった。第2作『ライジング』のクオリティがずば抜けていたため、既に最大限を出し切っていると思っていたが超えてきた。

原作者である堀越先生も「アニメのスタッフさんたちとはかなり厚い信頼関係が築けていたので、3作目はアニメの方々にお任せする部分も多かった気がするんです。都合のいい話かもしれませんが、2作目が僕の最大限だったとすれば、3作目はアニメスタッフさんたちの最大限が出ているのではないかと思っています。」とお墨付き。

原作者の言葉通り、ボンズ(アニメ制作会社)のプルスウルトラがひしひしと伝わる映像クオリティとなっている。



デクが“黒鞭”を習得したことで、彼のアクションもさらにキレキレ。大画面の中を縦横無尽に駆け回るド派手なアクションの数々に、思わず呼吸を忘れて画面に釘付けになる。世界規模を感じさせる外国の街並みを背景に、スパイダーマンのように飛び回る姿は大人も子どももワクワクが止まらないこと間違いないだろう。

ヴィランとの戦闘シーンの真剣さはいつものヒロアカだが、本作の前半で躍動するロディとデクの“追いかけっこ”の爽快さのおかげで、映画全体が明るく前向きな雰囲気に仕上がっている。(何度でも観たくなる追いかけっこのドキドキワクワク感はぜひ劇場で…!!)

全ての画像を見る
NEXT|次ページ > 2:オリジナルキャラ「ロディ(CV吉沢亮)」

無料メールマガジン会員に登録すると、
続きをお読みいただけます。

無料のメールマガジン会員に登録すると、
すべての記事が制限なく閲覧でき、記事の保存機能などがご利用いただけます。

いますぐ登録

(C)2021「僕のヒーローアカデミア THE MOVIE」製作委員会 (C)堀越耕平/集英社