あなたに役立つ映画・ドラマのプラスαがあるメディア「シネマズプラス」

©cinemas PLUS Committee. All Right Reserved.

2021-08-21

特別映像

『MINAMATA−ミナマタ−』ジョニー・デップインタビュー映像解禁!憧れのユージンについて語る



ジョニー・デップ製作/主演最新作『MINAMATA―ミナマター』より、ジョニー・デップのインタビュー映像が解禁された。

熊本県水俣市のチッソ水俣工場による工業排水を原因とし、現在まで補償や救済をめぐる問題が続く日本における“四大公害病”のひとつ水俣病。その存在を世界に知らしめたのが、写真家ユージン・スミス氏とアイリーン・美緒子・スミス氏が1975年に発表した写真集「MINAMATA」だ。彼の遺作ともなったこの写真集を基に、ジョニー自身の製作/主演で待望の映画化が実現した。

本作のオファーを受ける前からW・ユージン・スミスに憧れを抱いていたジョニー。スミスを知ったきっかけを尋ねると、「僕がスミスの作品を初めて見たのは20代前半くらいの時だったかな。まず写真に出会って、写真家の名前を調べたらスミスだった。」と、随分前からスミスのことを知り、興味を持っていたことを明かす。「彼は戦争写真家で、死んだり負傷したりする可能性のある仕事だ。でも彼は献身的で情熱的なアーティストで、自分を犠牲にしてでも真実を追い求めた。真実の瞬間をとらえそれを永遠に残すためにね。彼は写真を通して意見を表明し、次の世代に影響を与えたんだ。たくさんの戦争写真家やジャーナリストがスミスの写真に刺激を受けてリスクを恐れなくなった。」とスミスが後世に繋いだ大きな功績を熱く語る。

また、スミスの写真自体について、「『入浴する智子と母』がいい例で、あれはまるでピエタのような正直さと純粋さにあふれている。スミスの写真は頭に焼きついて離れない。」とジョニー自身も才能ある写真家として活躍するからこその写真の力が与える力強さを語った。

今もまだ続く<目の前の危機>である水俣の危機に当てたスポットライトで、各国で同じ環境被害に苦しむ多くの人々を照らし出そうと決意したジョニー。「映画の持つ力をフルに活用して、この歴史は語り継がれなければならない」と映画化を熱望し、役者人生をかけて作った衝撃の感動作は、9月23日(木・祝)全国公開。

 

ストーリー

1971年、ニューヨーク。アメリカを代表する写真家の一人と称えられたユージン・スミスは、今では酒に溺れ荒んだ生活を送っていた。そんな時、アイリーンと名乗る女性から、熊本県水俣市にあるチッソ工場が海に流す有害物質によって苦しむ人々を撮影してほしいと頼まれる。水銀におかされ歩くことも話すことも出来ない子供たち、激化する抗議運動、それを力で押さえつける工場側──そんな光景に驚きながらもシャッターは冷静に切り続けるユージンは、チッソの社長からのネガを大金で買うという申し出を拒否したために危険な反撃にあう。追い詰められたユージンは、水俣病と共に生きる人々にある提案をし、彼自身の人生と世界を変える写真を撮る──。

作品情報

製作:ジョニー・デップ 監督:アンドリュー・レヴィタス 脚本:デヴィッド・ケスラー  音楽:坂本龍一
原案:写真集「MINAMATA」W.ユージン・スミス、アイリーンM.スミス(著)
出演:ジョニー・デップ、真田広之、國村隼、美波、加瀬亮、浅野忠信、岩瀬晶子and  ビル・ナイ
提供:ニューセレクト株式会社、カルチュア・パブリッシャーズ、ロングライド    配給:ロングライド、アルバトロス・フィルム
2020年/アメリカ/英語・日本語/115分/1.85ビスタ/カラー/5.1ch/原題:MINAMATA/日本語字幕:髙内朝子
公式サイト:longride.jp/minamata/
全ての画像を見る

無料メールマガジン会員に登録すると、
続きをお読みいただけます。

無料のメールマガジン会員に登録すると、
すべての記事が制限なく閲覧でき、記事の保存機能などがご利用いただけます。

いますぐ登録

作品:© 2020 MINAMATA FILM, LLC    写真:© Larry Horricks