あなたに役立つ映画・ドラマのプラスαがあるメディア「シネマズプラス」

©cinemas PLUS Committee. All Right Reserved.

女優・西野七瀬の魅力:デビュー10周年、注目したい飛躍の瞬間

(C)2021「孤狼の血 LEVEL2」製作委員会


「ハコヅメ~たたかう!交番女子~」(C)日本テレビ

【関連記事】女優・白石麻衣の強み:ナチュラルに役と向き合い魅了する表現者

2021年にはいって西野七瀬の出演ラッシュが止まりません。

2021年8月現在で映画が2本、連続ドラマが1本、配信ドラマが1本、舞台が1つ。

アナウンスされているものでもすでに、年内公開待機中の映画1本あり、ほぼほぼ表舞台に出ずっぱり状態が続きます。これにトークバラエティー「グータンヌーボ2」のMCとして毎週登場しています。

もはや“元乃木坂46”という肩書は必要ないかなというところまで来ています。

AKB48の公式ライバルとして誕生した乃木坂46も今年でデビュー10周年、一期生だった西野七瀬の芸歴もまた10年となりますね。

本人は2018年の乃木坂46卒業からの3年が“事実上の芸歴”として語っているときもありますが…。

10周年イヤーのスタートは舞台で弾ける!!



西野七瀬の2021年は2月から。劇団☆新感線41周年春興行Yellow⚡新感線「月影花之丞大逆転」に出演しました。乃木坂46卒業後の初舞台作品で5月までのロングラン公演策となった本作では、徹底的にはじけた劇団☆新感線テイストに順応して古田新太、阿部サダヲ、木野花ら舞台の猛者たち向こうに回して、大健闘を見せました。

私は、運よく初日のチケットをゲットすることができて、「月影花之丞大逆転」を観劇できました。舞台は大ネタ&小ネタをふんだんに散りばめた内容で、新感線デビューとしては少し難易度の高いものになっていましたが、西野七瀬は奮闘して、全力でふざけ切りました。

久しぶりに歌と踊りも披露しているのも見どころです。

8月21日(土)には早くもWOWOWで放映がありますので、要チェックです。

過激なパロディが満載で、ソフト化はもちろん放映もちょっとないのではないかと思っていたので、WOWOWでの放映はうれしいですね。かなりレアな放映になるかもしれないので、そういう意味でも見逃し厳禁です。


全ての画像を見る
NEXT|次ページ > 舞台と同時期にはネットドラマで主演!!

無料メールマガジン会員に登録すると、
続きをお読みいただけます。

無料のメールマガジン会員に登録すると、
すべての記事が制限なく閲覧でき、記事の保存機能などがご利用いただけます。

いますぐ登録