あなたに役立つ映画・ドラマのプラスαがあるメディア「シネマズプラス」

©cinemas PLUS Committee. All Right Reserved.

映画作りを描いた映画の魅力!「3つ」のポイント!!

『映画大好きポンポさん』、『サマーフィルムにのって』、『キネマの神様』……。2021年は猛烈な勢いで映画作りを描いた映画が公開されている。

なぜ、ここまで映画作りを題材にした物語が作られ、多くの人に愛されているのだろうか。

今回は近作から過去の名作まで幅広い作品に触れつつ、映画作りの魅力を描いた様々な作品を3点のポイントに絞って、紹介していきたい。

1:若手俳優陣の名演


映画作りを題材にした作品では青春時代が舞台となり、若手俳優陣の魅力が存分に発揮されていることが多い。



その一つの例として『サマーフィルムにのって』が挙げられる。
本作は映画部に所属する高校生たちが時代劇映画の制作に挑む、ひと夏の青春物語だ。

湧き出る映画愛で周囲を巻き込む"ハダシ"を躍動感あふれる演技で体現した伊藤万理華。
彼女を筆頭に、冷静沈着な"ビート板"役の河合優実、友人思いな"ブルーハワイ"役・祷キララ、主演を務めることになった"凛太郎"役・金子大地、など、今後の活躍が期待される若手俳優陣が集結。
本編を観ると分かる通り、今の彼らにしか表現出来ないフレッシュな魅力が作品を支えているのだ。

とりわけ、劇中における、主演・伊藤万理華の求心力はすさまじい。
これまでも共に作品を手掛けてきた松本壮史監督が彼女自身を当て書きした脚本というだけあり、劇中の"ハダシ"には唯一無二の表現力が感じられる。
本人も「素の自分をさらけ出した」と語った本作は、今の彼女の記録もなっており、今後の活躍に大きな影響を与えていくことだろう。

→サマーフィルムにのって 公式サイト



同様に若手俳優陣の名演が光る名作といえば『桐島、部活やめるってよ』も挙げられる。
バレーボール部キャプテン・桐島が部活をやめたことで巻き起こる高校生の変化を描いた群像劇では、映画研究部の前田役として神木隆之介が登場。
他にも橋本愛、東出昌大、山本美月のほか、ブレイク寸前の松岡茉優や太賀が出演しており、今、改めてみると、驚くようなキャスト陣の演技が見どころだ。

神木隆之介にとっては高校生活最後の冬に撮影され、社会人への分岐点にもなったという本作。
『サマーフィルムにのって』と同様、『桐島、部活やめるってよ』も当時の役者陣にしか表現できない演技が残された貴重な一作といえるだろう。

→桐島、部活やめるってよ Facebookページ

全ての画像を見る
NEXT|次ページ > 2つ目のポイントは「時代ごとに変わる映画製作の形」

無料メールマガジン会員に登録すると、
続きをお読みいただけます。

無料のメールマガジン会員に登録すると、
すべての記事が制限なく閲覧でき、記事の保存機能などがご利用いただけます。

いますぐ登録